SCORE CARDBACK NUMBER

何がクルム伊達を駆り立てるのか。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2008/10/09 00:00

何がクルム伊達を駆り立てるのか。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 クルム伊達公子が東レ・パンパシフィック・オープンの予選3回戦で敗退した。4月に復帰してから、出場した7大会はいずれもWTAツアーの下部に位置づけられるITFサーキット。言ってみればマイナーリーグだ。初めて挑んだメジャーで本戦進出を逃したが「歯が立たない感じではなかった。あとは慣れだと思う」と前向きに語った。

 大会開幕前は「スピードについていけないのかもしれないし、自分のテニスができるかもしれない、その両方の予測があった」という。11年半のブランク。初めて顔を合わせる一線級の選手。文字通り、半信半疑で予選に臨んだのだ。それでも彼女は「何が起こるか、自分がどこまでできるか楽しみだった」という。この、自分に対する好奇心こそ、クルム伊達の真骨頂だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[阪神タイガース最強論]岡田の虎。
クルム伊達公子

テニスの前後の記事

ページトップ