NumberEYESBACK NUMBER

松山英樹がオーガスタで
見せた「200%の自分」。
~ベストアマ受賞の裏側~ 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2011/04/25 06:00

松山英樹がオーガスタで見せた「200%の自分」。~ベストアマ受賞の裏側~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

予選を通過したアマは松山だけ。1992年生まれ、19歳での快挙だった

 10日に閉幕した今年のマスターズは、日本のファンにとって松山英樹(東北福祉大)の名前とともに記憶される大会になったのではないだろうか。

 日本人アマチュアとして初出場した松山は、予選突破を果たした上、27位でベストアマにも輝いた。その活躍ぶりは、予選落ちした池田勇太や藤田寛之といった他の日本人プロはもちろん、メジャー自己最高位の20位に入った同学年の石川遼をも遥かに凌ぐ鮮烈な印象を残した。

 マスターズのベストアマは、ジャック・ニクラウス('60年)、フィル・ミケルソン('91年)、タイガー・ウッズ('95年)ら、そうそうたる面々が獲得してきたタイトルだ。その系譜に名を連ねただけでなく、最終日には優勝者と並んで表彰を受けた。世界が見つめるグリーンジャケット・セレモニーの場に日本人選手がいる光景は、身震いがする思いだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1012文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー総力特集 名将が語るベストゲーム。
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ