SCORE CARDBACK NUMBER

諏訪魔のCC制覇で
世代交代は完成するか。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2008/05/01 00:00

 いつも筆者のV予想が外れるチャンピオン・カーニバル。今年は待望の諏訪魔がきた。全日本マットにふさわしい大型チャンピオンを予感させるフィナーレだった。

 恒例となった後楽園ホール5連戦。4月9日の決勝戦は満員の札止め。全日本コールが沸き起こるほどの最高のムードだったが、何と言っても対決構図が良かった。決勝での諏訪魔の相手は新日本の看板、棚橋弘至だったのだ。諏訪魔は必殺のラストライドで棚橋を沈め、初優勝を飾った。デビュー3年5カ月、中大レスリング部の大先輩ジャンボ鶴田を抜く史上最速のV記録である。

 “春の本場所”を制した諏訪魔は、その勢いに乗って29日、名古屋・愛知県体育館で3冠ヘビー級王者佐々木健介に初挑戦する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 561文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07-'08 European Football]越境フットボーラーズ
諏訪魔

プロレスの前後の記事

ページトップ