SCORE CARDBACK NUMBER

体当たり取材で明かす「オレ流」の内実。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

posted2005/03/03 00:00

体当たり取材で明かす「オレ流」の内実。<Number Web>

 出会いは'93年の秋。社会人野球雑誌の編集者だった横尾が、当時の中日の4番・落合博満に取材を申し込んだのがはじまりだった。

 「社会人出身のプロ野球選手の企画をやる、ということになり、どうせなら頂点にいる選手に、とダメもとで企画を持ち込みました」

 企画書自体はNGだった。だがそこで、自分の野球観をきちんと残せる企画なら取材を受ける、という異例の逆提案を受けた。

 「もちろんすぐにOKしました。すると『明日から和歌山で自主トレだから、時間があればついてきてほしい』と言われて、その日の夜に都内のホテルで合流したんですが、会うなり『テープ持ってる? 話せるときにどんどん話すから』と取材が始まって……」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1097文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

小さいことはいいことだ! スポーツ小兵列伝。

プロ野球の前後の記事

ページトップ