SCORE CARDBACK NUMBER

小さな王者・中嶋の大きな冒険に期待。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2007/07/12 00:00

小さな王者・中嶋の大きな冒険に期待。<Number Web> photograph by Essei Hara

 佑ちゃん、ハニカミ遼くんばかりではない。プロレス界には、さわやか勝彦くんがいる。

 全日本のマットで活躍する健介オフィスの中嶋勝彦(19)のことだ。今年の2・17両国国技館でヒール軍団VMの近藤修司を破って世界ジュニア・ヘビー級王座を奪取、18歳11カ月と史上最年少のチャンピオン誕生と話題になったばかりだ。

 「母親に家を建ててやりたい」と長州・WJプロレス入り、中学を卒業した'03年の9月6日にデビューした中嶋は、定時制高校の2年生でもある。

 本稿の締め切りの関係上、軽量級最強を決めるジュニア・ヘビー級リーグ戦の結果は入れられないが、6・24後楽園での開幕戦では因縁の近藤と激突した。勝彦には高校生2冠王の夢がふくらみ、2月にノーザンライト・ボムと原爆固めにやられている近藤にとっては4カ月ぶりのリベンジ・マッチである。全日本のマットではジュニアによる初のメインイベント。前・現のジュニア王者同士の公式リーグ戦での対決は、前回の両国に劣らぬ迫真の好ファイトとなった。誰もが勝彦

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 449文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オシムはアジアを制するか。Asian Cup 2007 Preview
中嶋勝彦
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ