SCORE CARDBACK NUMBER

姉妹同時金メダルが実現する日。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/05/06 00:00

 金メダルを姉妹で手にする。そんな夢のような話がいよいよ現実のものになりそうだ。

 4月13日に東京・駒沢体育館で行われたレスリング女子48kg級のアテネ五輪代表決定プレイオフで、伊調千春が中京女大の後輩、坂本真喜子を判定で撃破し、念願の五輪切符を手に入れた。妹の馨はすでに2月のクイーンズカップで五輪代表に選ばれている。

 これまで姉妹で代表になったのは'96年アトランタ五輪バドミントン単の水井妃佐子、泰子姉妹、同複の宮村愛子、亜貴子姉妹、'00年シドニー五輪シンクロナイズドスイミングの米田祐子、容子姉妹の例があるが、4組目の伊調姉妹には史上初のダブル金メダルの期待がかかる。女子レスリングの決勝4階級が行われる2004年8月23日は、日本のスポーツ界にとって歴史に残る一日になるかもしれない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

伊調千春
伊調馨

格闘技の前後のコラム

ページトップ