緒方孝市 

24件中 1 - 20件を表示
プロ野球監督になるなら公立校へ!?PL出身の監督が1人しかいない理由。

“Mr.ドラフト”の野球日記

プロ野球監督になるなら公立校へ!?
PL出身の監督が1人しかいない理由。

「名選手名監督にあらず」と言われるが、今年の12球団監督を見ると選手として実績がないのは栗山英樹(日本ハム)、小川淳司(ヤ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2018/07/05

サッカーも野球も指揮官は大変。カープ緒方監督が気を付けていること。

炎の一筆入魂

サッカーも野球も指揮官は大変。
カープ緒方監督が気を付けていること。

監督業とは酷なものだ。常に結果を問われ、内容も求められる。勝てば称賛され、敗れれば罵声を浴びせられる。ロシアW杯に臨むサ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/04/14

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。広島カープの「真の機動力」とは?

炎の一筆入魂

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。
広島カープの「真の機動力」とは?

広島のお家芸は、今年も健在だ。中日を本拠地マツダスタジアムに迎えた開幕3連戦。一発あり、小技あり、連打ありと多彩な攻撃で3… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/04/03

広島は一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力。

炎の一筆入魂

広島は一軍帯同選手に新人ゼロ!
高卒から名選手へ、奇跡の育成力。

球春到来――。2月1日からプロ野球の春季キャンプが始まる。ユニホームを着た選手たちの姿に、プロ野球のシーズンの幕開けを感じ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/01/23

カープは3連覇&日本一へ団結する。10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

炎の一筆入魂

カープは3連覇&日本一へ団結する。
10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

「広島は強かった」――。2017 年のセ・リーグペナントレースを振り返るとき、多くの人がそう答えるだろう。確かに、2位阪神に10… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/01/02

ラミレス采配に見る短期決戦の核心。日本シリーズ、ホークスの隙は……。

プロ野球亭日乗

ラミレス采配に見る短期決戦の核心。
日本シリーズ、ホークスの隙は……。

短期決戦には短期決戦の戦い方もある。そのことを改めて痛感させられたのが、セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)、ファイ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/10/27

この人がいなければ優勝は無かった。河田雄祐が広島に残した大切なもの。

炎の一筆入魂

この人がいなければ優勝は無かった。
河田雄祐が広島に残した大切なもの。

初見の人は驚くかもしれない。声は大きい、言葉はきつい。そして豪快に笑う。広島カープの河田雄祐・外野守備走塁コーチの周りに… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/10/09

離脱者さえも連覇の戦力にした広島。選手層より大切な「カバーする力」。

炎の一筆入魂

離脱者さえも連覇の戦力にした広島。
選手層より大切な「カバーする力」。

9月18日、甲子園球場のマウンドに歓喜の真っ赤な輪が生まれた。そこへ球団スタッフに肩を借り、歩み寄る鈴木誠也を松山竜平は笑… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/09/25

「3番として100点満点」の丸佳浩。出塁率リーグトップに至るまでの道。

炎の一筆入魂

「3番として100点満点」の丸佳浩。
出塁率リーグトップに至るまでの道。

「不器用なんで」と言い続けた男が、プロ10年目で新たな境地に足を踏み入れようとしている。広島打線の不動の3番となった丸佳浩… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/06/16

ジョンソンが95球で降板した遠因。中島卓也、5連続ファウルの幻影。

プロ野球亭日乗

ジョンソンが95球で降板した遠因。
中島卓也、5連続ファウルの幻影。

「少し疲れたから交代させて欲しい」日本シリーズは2連敗からスタートした栗山英樹監督率いる日本ハムが、広島を破って10年ぶり3… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2016/10/31

“仕掛けずバント”の広島は怖くない。崖っぷちの今こそ赤ヘル野球を貫け。

プロ野球亭日乗

“仕掛けずバント”の広島は怖くない。
崖っぷちの今こそ赤ヘル野球を貫け。

「自分たちの野球」という言葉を、監督からも選手たちからもよく聞く。シリーズ第5戦は日本ハム・西川遥輝の劇的サヨナラ満塁本… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2016/10/28

中田翔の同点弾に“4番像”を考える。広島と日本ハム打線の最大の違い。

プロ野球亭日乗

中田翔の同点弾に“4番像”を考える。
広島と日本ハム打線の最大の違い。

ようやく4番のバットが火を噴いた。日本ハムの中田翔だ。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2016/10/27

大谷翔平を日本シリーズから「消せ」。初戦の先発に黒田博樹を推す理由。

プロ野球亭日乗

大谷翔平を日本シリーズから「消せ」。
初戦の先発に黒田博樹を推す理由。

大谷翔平は今年の日本ハム快進撃のアイコンである。クライマックスシリーズではファイナルステージ初戦に先発して勝利投手になる… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2016/10/21

CSまでの1カ月は“キャンプ”だった!?新井貴浩も崩れ落ちた広島の猛練習。

炎の一筆入魂

CSまでの1カ月は“キャンプ”だった!?
新井貴浩も崩れ落ちた広島の猛練習。

広島は立ち止まらない。25年ぶり優勝を決めてから約1カ月後に開幕したCSファイナルステージで、勢いづく青い波を赤い波が完全に… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/10/17

優勝時のフィールドにいなくとも……。廣瀬純、広島カープに殉じた16年間。

炎の一筆入魂

優勝時のフィールドにいなくとも……。
廣瀬純、広島カープに殉じた16年間。

16年間の野球人生を表すような光景だった。2016年10月1日、マツダスタジアムで行われたヤクルトとの今季最終戦は、今季限りでユ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/10/03

40回以上の逆転はなぜ生まれたか?石井琢朗がカープに施した打撃改革。

炎の一筆入魂

40回以上の逆転はなぜ生まれたか?
石井琢朗がカープに施した打撃改革。

9月10日、スタンドの半分が真っ赤に染まった東京ドームで、広島の25年ぶり優勝が決まった。選手たちがマウンドに向かって駆けて… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/09/13

田中+キクマルは“毛利の三矢”だ。カープ同学年の3人、兄弟的な関係。

炎の一筆入魂

田中+キクマルは“毛利の三矢”だ。
カープ同学年の3人、兄弟的な関係。

戦国時代、安芸国から中国地方全域へと勢力を改題させたと言われる武将・毛利元就は、3人の息子に「三矢の教え」を説いたといわ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/09/03

急失速を知る緒方監督と新井の思い。「一戦必勝」「凡事徹底」を貫く広島。

炎の一筆入魂

急失速を知る緒方監督と新井の思い。
「一戦必勝」「凡事徹底」を貫く広島。

長い、長いペナントレースをマラソンにたとえるなら、すでに折り返しを過ぎ、残り15キロほどとなった状況だろうか。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/07/22

“レッドマシンガン”化する広島カープ。その中心には、あの外国人選手が……。

炎の一筆入魂

“レッドマシンガン”化する広島カープ。
その中心には、あの外国人選手が……。

広島打線の顔ぶれに、まだ違和感をぬぐえない野球ファンもいるかもしれない。スターティングラインアップに青から赤にユニホーム… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/04/01

広島、緒方体制2年目は強烈な逆風。サンフレッチェに学ぶ「3本の矢」。

プロ野球PRESS

広島、緒方体制2年目は強烈な逆風。
サンフレッチェに学ぶ「3本の矢」。

春季キャンプを目前に控えた緒方広島の2年目は、昨年の今ごろとまったく違う風が吹いている。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/01/28

ページトップ