炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープは3連覇&日本一へ団結する。
10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

posted2018/01/02 07:00

 
カープは3連覇&日本一へ団結する。10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨季から持ち越す形での日本一の夢は再び破れた……だからこそ、2018年の広島カープは、さらに団結するはずだ!

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「広島は強かった」――。

 2017 年のセ・リーグペナントレースを振り返るとき、多くの人がそう答えるだろう。確かに、2位阪神に10ゲーム差をつけての連覇は“圧勝”と言える。ただ、チーム内に「圧勝」と感じていた者は少ない。「苦しかった」と感じている選手もいるほどだ。

 リーグMVPを受賞した丸佳浩も契約更改後の会見で認めた。

「昨季に比べたら、苦しいシーズンだった。'16年に優勝を経験することができて、優勝する難しさを知った上で臨んだシーズン。要所、要所、大事なところがあったけど、そういうところで苦しい試合が多かった。僕としても苦しかった」

 他球団からのマークもあったし、勝たなければいけない使命感も感じていた。前年優勝チームとして背負った重圧は想像以上だった。

決して楽に勝ってきたわけではなかった'17年シーズン。

 引退した黒田博樹氏に加え、前年沢村賞で2年連続開幕投手のクリス・ジョンソンまで開幕直後から長期離脱した。前年の投手陣の両輪がいない中でシーズンを戦わなければいけなかった。

 それでも開幕からチームは白星を積み重ねたが、チームの流れが良かったとは言いがたい。

 '16年同様に逆転勝利が多かったが一方で、逆転負けも増えた。

 5月6日阪神戦(甲子園)では9点差をひっくり返された。順調に白星を積み重ねながら、何がきっかけでいつ崩れても不思議ではない状況だった。

 それでも若い先発陣を野手陣が引っ張り、中継ぎ陣が支えた。そして、どんな難局をも乗り越えられる「団結力」があった。

【次ページ】 「うちの一番いいところはチーム一丸」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
広島東洋カープ
緒方孝市
丸佳浩
会沢翼
新井貴浩
鈴木誠也
薮田和樹
岡田明丈
大瀬良大地
菊池涼介
田中広輔
サビエル・バティスタ
中田廉
石井琢朗

ページトップ