中崎翔太 関連コラム

中崎翔太 

優しい人間は生き残れない世界で。広島・大瀬良大地が求める強さの形。

炎の一筆入魂

優しい人間は生き残れない世界で。
広島・大瀬良大地が求める強さの形。

イニング途中で交代が告げられても、広島大瀬良大地はマウンドを降りようとはしない。交代に抗議の意志を示しているのではない。… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/07/24

専門学校卒の星・一岡竜司。広島で輝く、庶民派のド根性右腕。

炎の一筆入魂

専門学校卒の星・一岡竜司。
広島で輝く、庶民派のド根性右腕。

今年も7月14日(ナゴヤドーム)、15日(ZOZOマリン)で年に1度の夢の球宴、プロ野球オールスターゲームが行われる。監督推薦によ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/07/13

9回以上に、7回が勝負を分ける?山崎康、中崎、牧田が語る継投論。

野球善哉

9回以上に、7回が勝負を分ける?
山崎康、中崎、牧田が語る継投論。

その役割は本当に“降格”なのか。一時期、本職のクローザーではなく、7回にマウンドへ上がっていたDeNA山崎康晃のピッチングを… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2017/06/05

ショートに、ファーストに、外野でも。広島の“何色にも染まる男”安部友裕。

炎の一筆入魂

ショートに、ファーストに、外野でも。
広島の“何色にも染まる男”安部友裕。

今年も広島打線は活発だ。12球団トップの得点力でクリス・ジョンソンや中崎翔太を欠く投手陣を支えている。新井貴浩やブラッド・… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/05/12

過去を捨てて甦った広島・今村猛。「昔の球」よりも、今投げられる球を。

炎の一筆入魂

過去を捨てて甦った広島・今村猛。
「昔の球」よりも、今投げられる球を。

日本中が沸いたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が、幕を閉じた。優勝した米国に準決勝で敗れた日本は、2大会連続でベ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/03/30

優勝翌日にデビュー、防御率162点。広島・塹江敦哉は3年目に絶対来る。

炎の一筆入魂

優勝翌日にデビュー、防御率162点。
広島・塹江敦哉は3年目に絶対来る。

「今年“神ってる”活躍してくれる選手を取り上げてください」1月。キャンプ地・日南での合同自主トレを公開した広島の守護神中… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/01/31

黒田博樹に繋げなかった空虚感。動くリスクを怖れた広島の「型通り」。

炎の一筆入魂

黒田博樹に繋げなかった空虚感。
動くリスクを怖れた広島の「型通り」。

スタンドではホットコーヒーが売られていた。吐く息も白く、上着が欠かせないほど肌寒くなった10月29日、広島の今季の戦いは終わ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/11/01

セ界王者のカープがCSで横綱相撲。背景には黒田、コーチらの意識改革が。

炎の一筆入魂

セ界王者のカープがCSで横綱相撲。
背景には黒田、コーチらの意識改革が。

視点を変えると、世界は変わる。2年ぶりに出場したクライマックスシリーズ(以下CS)での広島の戦いぶりは、どこの角度から見て… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/10/14

「劣っている自覚」こそ強さの秘密!?広島の守護神・中崎翔太、究極の献身。

炎の一筆入魂

「劣っている自覚」こそ強さの秘密!?
広島の守護神・中崎翔太、究極の献身。

“守護神”と呼ばれる抑えは特別なポジションだ。各チーム1人。日本に12人しかいない 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/07/06

たった5球で3連戦の流れを変えた男。広島・今村猛が目指す「新しい自分」。

炎の一筆入魂

たった5球で3連戦の流れを変えた男。
広島・今村猛が目指す「新しい自分」。

5球に思いを込めた――。4月上旬、甲子園での阪神3連戦の2戦目。広島の今村猛は、6回2死から迎えた江越大賀にすべて直球勝負で挑… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/04/15

前田健太がいなくても先発は十分!広島の中継ぎは“あの2人”が復活か。

プロ野球PRESS

前田健太がいなくても先発は十分!
広島の中継ぎは“あの2人”が復活か。

広島に大きな穴が開いた。エース前田健太の米大リーグ・ドジャースへの移籍。29試合15勝、防御率2.09。当然、この数字を誰かが埋… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/01/14

ページトップ