炎の一筆入魂BACK NUMBER

専門学校卒の星・一岡竜司。
広島で輝く、庶民派のド根性右腕。

posted2017/07/13 17:00

 
専門学校卒の星・一岡竜司。広島で輝く、庶民派のド根性右腕。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季はすでに29試合に登板しており、安定的にチームを支えている。広島の連覇には一岡の活躍は必須条件である!

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今年も7月14日(ナゴヤドーム)、15日(ZOZOマリン)で年に1度の夢の球宴、プロ野球オールスターゲームが行われる。

 監督推薦により、独立リーグ出身投手として初めて中日又吉克樹が選ばれ、プロを目指す独立リーガーたちに大きな希望を与えた。遡ること3年前には、専門学校出身投手もまた、夢の舞台に立っている。

 今季も広島の中継ぎの一角であり、貴重な存在としてフル回転している一岡竜司だ。

 今もなお、プロを目指す専門学生の希望の星として輝きを放ち続けている。

運命を変えた、FAがらみでの広島移籍。

 福岡県出身の一岡は大分の藤蔭高進学後、大学や社会人から声がかからず、沖データコンピュータ教育学院に進学した。

 野球は続けていたが、「プロなど考えていなかった」。

 イタリア料理店でアルバイトをするなど、一般の学生と変わらぬ日々を過ごしていた。

 だがアルバイトをしているうちに右肘痛が緩和すると、体重増もあって球速がグンと上がり、その名は次第に広まっていった。そして、'11年のドラフト会議で巨人から3位で指名され、入団。プロの門をたたくこととなった。

 だが、高い壁が待ち受けていた。

 二軍では2年連続チーム最多セーブを記録するなど好結果を残すも、一軍の登板機会は2年で計13試合。

 層の厚い投手陣に割って入ることができずにいた。

 転機は突然訪れる。'13年オフ、広島・大竹寛のFA移籍による、人的補償選手として広島に移籍することが決まったのだ。

【次ページ】 「FAのせいで来たという思いはない」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
一岡竜司
又吉克樹
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
大竹寛
今村猛
中崎翔太
中田廉
大瀬良大地
九里亜蓮

ページトップ