炎の一筆入魂BACK NUMBER

セ界王者のカープがCSで横綱相撲。
背景には黒田、コーチらの意識改革が。

posted2016/10/14 12:30

 
セ界王者のカープがCSで横綱相撲。背景には黒田、コーチらの意識改革が。<Number Web> photograph by Kyodo News

CSで2連勝を飾り、日本シリーズに王手をかけた広島ナイン。好不調の波にかかわらず勝ちをもぎ取る理想的な“広島野球”を展開している。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 視点を変えると、世界は変わる。

 2年ぶりに出場したクライマックスシリーズ(以下CS)での広島の戦いぶりは、どこの角度から見てもセ界王者としての貫禄があった。まさに横綱相撲を見せている。

 対外試合から10日以上空き、懸念された実戦勘など関係なかった。初戦から、独走したシーズンと変わらぬ広島野球であっという間に日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 投げては、初戦先発のクリス・ジョンソンが散発3安打完封。二塁を踏ませない圧巻の投球だった。

 2戦目も野村祐輔から今村猛、ジェイ・ジャクソン、中崎翔太とつなぐリレーで、2試合続けて零封した。

 打っても広島の顔となった田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の同学年「タナキクマル」トリオが塁上をにぎわし、試合の主導権を掌握した。

昨季の5勝から一気に16勝投手となった野村。

 シーズン同様、CSも変わらぬ戦いができている裏には、投打ともに視点の変化がある。

 ファーストステージで巨人を破ったDeNA打線の勢いを完全に止めたのはジョンソンだ。

 内角を大胆に攻め、両サイドを広く使った投球で、各打者の調子を狂わせた。その流れに乗った野村も内外角を丁寧に突いた。内角の残像があるから、より外角球も生きる。そして緩いチェンジアップで前後の幅を加えることで、DeNA打線に的を絞らせなかった。

 野村は昨季の5勝から今季、16勝を挙げるなど覚醒した。最多勝に加え、最高勝率の二冠王となった。

 野村の成長を促した背景には、黒田博樹の存在がある。

「いいシュートを持っている。それを生かすためにももっと内角を使った方がいい」

 入団時から制球力を武器とし、外角球の出し入れを得意としていた。だが、外角中心の投球はときに自分を苦しめることもあった。内角を使う、見せる、残像を残すことで、野村の投球は見違えるようになった。

【次ページ】 黒田が若手投手にかけた言葉で、覚醒。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
クリス・ジョンソン
野村祐輔
今村猛
ジェイ・ジャクソン
中崎翔太
黒田博樹
石井琢朗
東出輝裕
迎祐一郎
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ