サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“選手ファースト”西野朗新監督。
あと68日間で何ができるか? 

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2018/04/12 21:50

“選手ファースト”西野朗新監督。あと68日間で何ができるか?<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

記者会見では終始淡々としていた西野朗監督。田嶋幸三会長とタッグを組んで、W杯本番まで、ラストスパートをかけることとなる。

短期間しかないが「選手ファースト」を目指す。

 ハリルジャパンでは、指揮官の指示を守ろうとするあまり、どこか窮屈そうにプレーする選手も多かった。

 西野ジャパンは、そうではなく、所属クラブでのプレーや長所をそのまま発揮できるチームを目指す。

 いわば、「選手ファースト」。

 これができれば、新指揮官はロシアでも「十分戦える」と考えている。

 “ただし”、言葉にするのは簡単。

「選手ファースト」のチームが、ひとつの方向に結束し、強固な組織となるには、あまりに時間がないのも、事実である。

関連コラム

BACK 1 2 3
ヴァイッド・ハリルホジッチ
西野朗
田嶋幸三
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ