サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“選手ファースト”西野朗新監督。
あと68日間で何ができるか? 

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2018/04/12 21:50

“選手ファースト”西野朗新監督。あと68日間で何ができるか?<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

記者会見では終始淡々としていた西野朗監督。田嶋幸三会長とタッグを組んで、W杯本番まで、ラストスパートをかけることとなる。

選手選考もリセットかと思いきや……。

 さらにメンバー選考に関して、これまでハリルホジッチ監督が絞り込んできたリストを参考にするのか、まっさらな状態に戻すのかという質問に対して。

「できればフラットな状況で考えたい」

 ただし、

「実際、ハリルホジッチ監督のもとでリストを作っている中でベースとなった選手は変わらないと思います。それがベストだと思いますし、グループで、ユニットで、という中での力が必要なので。新しい選手ももちろん考えたいところではあるけど、チームを作っていく上では、今までのラージ(リスト)のメンバーをベースに考えたい」

「選手がストレートにプレーできる環境を」

 就任が決まってからわずか数日。コーチングスタッフの陣容も決まったばかり。

 チームの方針やメンバー選考の基準も、これから詰めていく段階だろうから、言葉が曖昧になるのは理解できる。その一方で、W杯までわずか2カ月しか残されていない状況で、新たなチームのビジョンを説明する場としては、具体性に欠ける印象だった。

“ただし”、そんな中でも西野新監督が明確に語り、何度も強調したコンセプトがあった。

「もちろん結果を求めたいですけど、まずは選手たちがもっと自分のパフォーマンス、プレーを素直に出してほしい。そういうふうに選手がストレートにプレーできる環境をつくっていきたい」

 ロシアW杯本番に臨む選手たちのコンディションに関しても、よりプレーヤー目線での方針を示した。

 ハリルホジッチ前監督は5月20日まで連戦を戦う国内組の選手たちも、すぐに代表キャンプに参加させる予定を立てていたが、西野新監督は国内組の疲労と、その後の長期合宿でかかる精神的ストレスを考慮して、キャンプ参加前にリフレッシュ期間を与えることを示唆した。

【次ページ】 短期間しかないが「選手ファースト」を目指す。

BACK 1 2 3 NEXT
2/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
西野朗
田嶋幸三
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ