Jをめぐる冒険BACK NUMBER

オシムと羽生直剛の師弟関係は今も。
「出会えた奇跡が嬉しいし、怖い」

posted2018/03/10 08:00

 
オシムと羽生直剛の師弟関係は今も。「出会えた奇跡が嬉しいし、怖い」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

インタビュー取材に応じてくれた羽生直剛。朗らかな笑顔が印象的だった。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 2017シーズン限りでプロサッカー選手としての生活を終えた羽生直剛氏。Jリーグ各クラブで活躍した彼のキャリアを語るうえで外せないのは、イビチャ・オシムの存在だ。

 ジェフユナイテッド市原・千葉で見いだされ、「考えて走るサッカー」を体現したプレースタイルは、ジェフ時代、そして日本代表と多くのサッカーファンに知れ渡ることになった。

 引退に寄せてのインタビューを敢行した際、なくてはならない恩師の存在について彼は「幸せなことだったのか、分からなくなってきた」と語っていた。その本心とは――。

「お前はそのプレーで満足させられたのか?」

――え、どういうことですか?

「偉大すぎて、自分もああなりたいと望んでもなれない、自分がちっぽけだということを思い知らされるだけだし(苦笑)、トレーニングひとつとっても、内容がすごく濃かったから、その後、どうしても物足りなさを覚えてしまって。もしオシムさんと出会っていなかったら、その後のどんな練習、どんなサッカーにも充実感を覚えていたかもしれないわけで……」

――オシムさんと出会えた幸せから一周回って、今は幸せなのか、不幸なのか分からなくなってきた?

「そう(笑)。ヨーロッパでも、オシムさんが退任したあとはペンペン草も生えない、みたいなことを話すらしくて、偉大すぎて、いなくなったあとの喪失感がすごかったり、どう継承していくか迷ったりするみたいです。

 僕自身、今もこうしてオシムさんの話をさせてもらっているけれど、引退して改めて、オシムさんと出会わなかったら、自分の人生はどうだったのかなって考えると、出会えた奇跡が嬉しくもあり、ちょっと怖くもある(笑)」

――でも、羽生さんも38歳まで現役を続けたし、阿部勇樹選手、巻誠一郎選手、佐藤勇人選手と、当時の中心選手が今も現役を続けているのは、やっぱりオシムさんに引き上げてもらった、というのがあるんじゃないかと思いますが。

「どうなんですかね。でも、みんな走ることを厭わないし、攻めるのも守るのも全力でやる選手たちでしたね。オシムさんに『ファン・サポーターは、サーカスみたいなプレーを見に来ているんじゃない。勝っても負けても闘う姿勢を見に来ているんだ』ということを叩き込まれたし、その考えは今も生きる指針というか。

 例えば、その日の観客の中には初めてサッカーを観る方がいるかもしれないし、お金をためて1年に一度の観戦を楽しみにして来た方もいるかもしれない。そんな人たちに対して、オシムさんは『お前はそのプレーで満足させられたのか』と問うてきたし、オシムさん自身、チームのパフォーマンスがプロの興行として相応しかったのか、すごく気にする人でした。だから、自分もそれをすごく意識するようになった」

【次ページ】 阿部ちゃん、羨ましかった(笑)。

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ
関連キーワード
羽生直剛
イビチャ・オシム
FC東京
ジェフユナイテッド千葉
阿部勇樹

ページトップ