“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

柏ユースから青森山田へ電撃移籍!
代表でも活躍する17歳がなぜ……。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/04/16 07:00

柏ユースから青森山田へ電撃移籍!代表でも活躍する17歳がなぜ……。<Number Web> photograph by Takahito Ando

「もっとサッカーがやりたい!」という思いが加速。

「僕はこれまでずっと『覚悟を持ってサッカーをやっている』、『周りには感謝している』と口にしていましたが、いま思うとそれは単なる『つもり』だったんです。今回、いろんな人に迷惑をかけてしまった。みんな僕個人の決断によってなのに……。そういった犠牲の上に、青森山田でプレーする自分がいる。

 これまでの僕がいかに甘かったか。それに気付いた時、サッカーや自分に真正面から向き合う姿勢が、もっと加速しました。『もっとサッカーがやりたい!』という想いがぴたっとハマったんです。もやもやした気持ちが去年から続いていて、心からサッカーを楽しめない時もあった。それが今、心からサッカーを楽しめている。これで1年間やりきれば、もっと成長出来るし、後悔という言葉も出てこないと思います」

 試合後、中村は観戦に訪れていた両親に会うと、少し恥ずかしそうな表情を浮かべながらも、「ありがとう」と感謝の言葉を伝えた。

「沢山迷惑をかけた分、これからも元気にピッチを駆け回っている姿を見せたいです。改めて親に対する感謝の本当の意味も分かりました」

 青森山田での日々は、今の中村にとって刺激的な毎日となっているようだ。

 この想いを胸に、これからもさらに努力を重ねていって欲しい……目標であるプロ入りまで。

 中村駿太のサッカー人生におけるリスタートは、まだ始まったばかりである。

関連コラム

<< BACK 3 4 5 NEXT >>
5/5ページ
関連キーワード
中村駿太
青森山田高校
柏レイソル
篠原弘次郎
神谷優太
郷家友太

ページトップ