“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

柏ユースから青森山田へ電撃移籍!
代表でも活躍する17歳がなぜ……。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/04/16 07:00

今季昇格組の浦和レッズユースとの対戦となったプレミア開幕戦。11番をつけた中村は、新チームとは思えない連係で見事にエースの責務を果たした。

今季昇格組の浦和レッズユースとの対戦となったプレミア開幕戦。11番をつけた中村は、新チームとは思えない連係で見事にエースの責務を果たした。

「とても居心地がいい環境」が中村を苦しめた。

「いろんな想いがありました。1つは、このままずっと同じ環境にいて良いのかという疑問です。

 柏レイソルは凄く居心地の良い場所で、仲間もずっと一緒にやって来た選手達。ですが、変化の無い毎日の中で徐々に『このままでいいのか?』と感じるようになったんです。

 僕は元々高校サッカーに憧れていて、中3のときに『ユースに上がらずに市立船橋に行きたい』とスタッフの人に言ったんです。その時はチームからの説得もあったし、自分もその流れのままにユースに上がることを選択したんです。でも、徐々に『もう高校生活も後1年しか無い』と思うようになって、さらに深く自問自答するようになっていったんです」

 とても居心地がいい環境。

 このままでは自分が変化しないのではないのかという不安。

 憧れていた高校サッカーに行くことこそが、求めていたその「変化」を得られる道なのではないか。彼の心は揺れ動いた。

「それに……」

 彼は続けた。

「今年に入って、トップチームのキャンプにチームメイトは行ったのに、僕は行けませんでした。そしてそのチームメイトは2種登録をされたのですが、僕はされなかった。トップチームの事情も少し耳にすることもあって、『あ、僕はトップに上がれないかもしれないんだ』と感じることが多くなっていったんです」

なぜトップチームに上がれないのか……葛藤の日々。

 今年、柏の鹿児島キャンプに柏U-18からはGK猿田遥己とDF中川創が参加している。そして2月1日には2人の2種登録が発表された。

 さらにトップチームは前線を外国籍選手と補強選手で固める方向性があるようで、そうした周囲の声も彼の中での不安と苦悩を深めていく原因となった。

「プロになりたい。いや、なる。これは僕の中で絶対条件。いろんな想いが絡まって、決断をするなら今しかないと思ったんです」

 柏U-18を離れて、高校サッカーの世界に飛び込む――。

 こう決意を固めた時、頭の中に浮かんだのが、市立船橋ではなく青森山田だったのだという。

【次ページ】 中村の覚悟を後押しした、神谷の言葉とは?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
2/5ページ

ページトップ