“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

柏ユースから青森山田へ電撃移籍!
代表でも活躍する17歳がなぜ……。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/04/16 07:00

柏ユースから青森山田へ電撃移籍!代表でも活躍する17歳がなぜ……。<Number Web> photograph by Takahito Ando

今季昇格組の浦和レッズユースとの対戦となったプレミア開幕戦。11番をつけた中村は、新チームとは思えない連係で見事にエースの責務を果たした。

「お前はサッカーだけに集中しろ!」

 黒田剛監督も青森で初めて会ったとき、中村に熱い言葉を投げかけていた。

「お前はサッカーだけに集中しろ。プロになるためにここに来たんだろう? 厳しいことも言うが、お前にはもっと走れるようになって欲しい。常に100%で戦え。想いを燃やせ。1点でも多く点を獲る気持ちでやってくれ」

 新チームの一員としてピッチに立った中村は、浦和レッズユースを相手にしたプレミアリーグ開幕戦で、早速その想いを結果で示した。

 【4-1-4-1】のツーシャドーの一角として先発。40分、左サイドを突破したDF佐藤拓海のセンタリングに反応した中村は、ニアサイドに飛び込んでヘッドで中央のMF郷家友太へボールを送った。これを受けた郷家がゴールネットを揺らし先制点。

 59分には左CKを今度は郷家がニアサイドに飛び込んでヘッドで送って、ファーサイドでフリーになった中村が押し込んで、公式戦初ゴールを挙げてみせた。

 チームは終盤に失点を重ねて、結局2-3の逆転負けを喫したが、1得点1アシストとエースとしてきっちりと結果を残した活躍ぶりだった。

初めて気づいた「覚悟」と「感謝」の本当の意味。

「デビュー戦で点が取れてほっとした部分もありますが、チームが勝てなかったことが本当に悔しい。やっぱり勝利に導くゴールを挙げないと、責務を果たしたとは一切言えませんから」

 その悔しそうな表情は、すっかり青森山田の選手の面構えとなっていた。

「Jユースにいたからとか、年代別代表だったからとか、そういうのはまったく関係ありません。僕は一番後に入って来た人間。チームの勝利のために全力を尽くさないと、周りは一切認めてくれないと思っています」

 過去の栄光にすがる気はさらさらない。ありのままの自分を青森山田というチームでさらけ出し、ただひたむきにサッカーと自分に向き合って、前進して行く――。

 当然、この移籍は賛否両論があるし、そういった声は彼の耳にも届いている。しかし、そんなことで揺らぐほど、彼の決意と覚悟は弱いものでは無い。否の意見も、すべて覚悟の中に含まれている。

「今はキツいことですら、すべて自分のためになっていると、心から楽しめています。それに僕が青森に来て、気付いたことがあるんです。それは『覚悟』と『感謝』の言葉の真の意味です」

【次ページ】 「もっとサッカーがやりたい!」という思いが加速。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
4/5ページ
関連キーワード
中村駿太
青森山田高校
柏レイソル
篠原弘次郎
神谷優太
郷家友太

ページトップ