月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。
プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。

posted2017/02/01 17:00

 
稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

横綱昇進の祝いに大盃を抱えた稀勢の里。来月の春場所でも、横綱としての強さを発揮できるか。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 稀勢の里の初優勝に沸いた大相撲初場所。

 一方で、横綱昇進決定の過程は「横綱審議委員会ってなんなの?」とも思わせた一件でもあった。

 優勝決定の翌日、「日刊スポーツ」のコラムは《ある親方は「これは私が言ったとは書かないでね」と匿名を前提に声をひそめて話し始めた》という不穏な書き出しで始まった。

「稀勢の里の横綱昇進は、白鵬とやる前に決まったでしょう? 今場所の大関戦は1勝1敗で、休場した横綱2人と対戦していない。昇進が決まった段階で、格上に勝っていない。連続優勝でもない。『綱とり場所』とも言われていなかった。プレッシャーを乗り越えて横綱になった人とは違う。これは不平等だよ」(「記者席から」1月23日)

 同じ日の「朝日新聞」は、「ファンの待ち望んだ稀勢の里の横綱昇進が事実上、決まった。だが、そのプロセスは甘いと感じる。」と書く。

 横綱昇進の大前提である2場所連続優勝をしていない稀勢の里には、横綱審議委員会の内規の「優勝に準ずる成績」が適用された。それは角界の認識では決定戦に出た優勝同点か、優勝力士に1差。しかし先場所の稀勢の里は「優勝に次ぐ成績ではあったが2差だった」のである。

横審はムードで横綱を決めたのか?

《そもそも、今場所は「綱とり場所」の位置づけではなかった》《しかし、大関の快進撃とともに、昇進ムードが高まっていく》(朝日・同)

 ムード?

 え、横審はムードで横綱を決めたの?

 ではスポーツ新聞を読み返してみよう。ムードの変化を確認できるかもしれない。

 まず初日。

「横綱天覧相撲5戦全勝 白鵬」(日刊スポーツ・1月9日)

「遠藤痛恨の黒星発進」「土俵下 研ナオコもビックリ!」(サンスポ)

 遠藤が土俵下に突き落とされ、砂かぶりで観戦していた研ナオコの写真が大きく載っていた。稀勢の里の綱取りを期待する記事はどこにもない。

【次ページ】 「昇進の可能性もある」と書き始めた各紙。

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ
関連キーワード
稀勢の里
隆の里
貴乃花
白鵬
日馬富士
豪栄道

ページトップ