月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。
プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/02/01 17:00

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

横綱昇進の祝いに大盃を抱えた稀勢の里。来月の春場所でも、横綱としての強さを発揮できるか。

「昇進の可能性もある」と書き始めた各紙。

 2日目以降の主役は、「御嶽海初金星」(スポニチ1月10日)、「日馬連敗 横審『もう引退』守屋委員長バッサリ」(サンスポ1月11日)、「国技館沸かせたアクロバティック逆転 宇良バウアー!! 十両唯一4連勝」 (スポニチ1月12日)など。

 5日目。稀勢の里がようやく大きく取り上げられる。

「稀勢 御嶽沈めた 悠々5連勝!!」(スポニチ1月13日)

 ここで「ハイレベルな優勝なら、場所後に横綱昇進の可能性もある」(スポニチ)という文言が。

 8日目。「稀勢全勝ターン 白鵬敗れ単独トップ」(サンスポ・1月16日)

 サンスポも「明確な綱とり場所ではないが、ハイレベルな優勝ならば昇進の可能性もある」と書く。

 9日目。「稀勢に土 全勝消えた」(サンスポ・1月17日)

 稀勢の里が敗れたが、意外に各紙は騒いでいない。もしかして「いつものこと」だと思ってる?

「焦るな 落ち着け 硬くなるな」

 10日目。「稀勢単独トップ」(日刊スポーツ・1月18日)

 記事は控えめ。

 11日目。この日終了時点で稀勢の里10勝1敗。2敗で白鵬らが追う展開。

 日刊スポーツは前日までとはがらりと変わって1面で「今度こそV稀勢」「焦るな 落ち着け 硬くなるな」(1月19日)。

 焦るな、落ち着け、硬くなるな。稀勢の里に言ってるようで自分に言い聞かせているようだ。

 そう、スポーツ紙も「今度こそ、稀勢の里優勝……?」とドキドキし始めてきたのがわかる。今から考えると稀勢の里が敗れたときにあえて騒がなかったのは「期待しすぎないように」と自らを律していたのだろうか。

 この日をきっかけに、紙面の空気が変わり始めた。

【次ページ】 今場所の稀勢の里を信じ始めた、12日目。

2/5ページ
関連キーワード
稀勢の里
隆の里
貴乃花
白鵬
日馬富士
豪栄道

ページトップ