月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。
プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/02/01 17:00

横綱昇進の祝いに大盃を抱えた稀勢の里。来月の春場所でも、横綱としての強さを発揮できるか。

横綱昇進の祝いに大盃を抱えた稀勢の里。来月の春場所でも、横綱としての強さを発揮できるか。

師匠の隆の里と酷似する稀勢の里の足跡。

 最後に稀勢の里の「いい話」を。

「両親は、本当はヘビー級のボクサーにしたかった」(スポーツ報知・1月22日)

「先代との出会いは偶然だった。中学2年の終わり、相撲部屋を見学に行こうと、ネットで調べた。電話番号が書いてあったのは鳴戸と尾車だけ」(日刊スポーツ・1月22日)

 そうして出会ったのが、先代の鳴戸親方。元横綱隆の里である。スポーツ紙に掲載されるデータを眺めると、隆の里と稀勢の里は歩みがよく似ていることがわかる。

 初優勝(年齢)=隆の里 29歳11カ月、稀勢の里 30歳6カ月
 初優勝(初土俵)=隆の里 86場所、稀勢の里 89場所
 綱取り(年齢)=隆の里 30歳9カ月、稀勢の里 30歳6ヵ月

 似ている……。このあと、隆の里は横綱として初めて迎えた場所は「全勝優勝」であった(昭和58年秋場所)。ということは来場所の稀勢の里も……?

 そうなると横審が「ほーら、横綱にしてよかったじゃないか」とドヤ顔で言いそうだ。

 でも今場所の横審の不安定ぶりは忘れませんから。

 以上、1月のスポーツ新聞時評でした。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
5/5ページ

ページトップ