月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

「神ってる」は本当に流行ってる?
プチ鹿島、12月のスポーツ新聞時評。

posted2016/12/28 17:30

 
流行語大賞授賞式にて。左から「聖地巡礼」(ディップ株式会社)、「ゲス不倫」(週刊文春編集部)、「神ってる」(鈴木誠也)、「保育園落ちた日本死ね」(民進党・山尾志桜里)。

流行語大賞授賞式にて。左から「聖地巡礼」(ディップ株式会社)、「ゲス不倫」(週刊文春編集部)、「神ってる」(鈴木誠也)、「保育園落ちた日本死ね」(民進党・山尾志桜里)。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 スポーツ新聞の魅力とは何か?

 それは「大仰さ」であると思う。

 一般紙にはない大仰な表現は、たとえてみれば「嗜好品」としての存在価値がある。

 生きていくためには最優先ではないが、スポーツ新聞を読んでいるときの時間はハッピーで贅沢だ。余裕とも言い替えられる。

「主食」しか口にしなくなったらつまらない。「嗜好品」を楽しむゆとりもあったほうがいい。大人になると、大いなる無駄は無駄じゃないと思えることがある。

 大仰で派手好きで、伝統的な価値観と相性がいいスポーツ新聞は、ベタの強さに支えられている。

スポニチは成宮寛貴をどう報じたのか?

 しかし世の中が公正さを求める今、スポーツ新聞にはあれっ? と思う表現があるのも確かだ。その大仰さは、ポリティカル・コレクトネス(政治的公正さ)と正面衝突する場合がある。

 今月で言えば、この見出し。

「成宮 衝撃の引退発表&ゲイ告白 性的指向暴露“耐えられない”」(スポーツニッポン・12月10日)

《人気俳優が同性愛をカミングアウトして芸能界を去るという、衝撃的な展開となった。

 成宮は「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」と、直筆のコメントで赤裸々に胸の内を吐露。引退の結論に至った原因として、秘めてきた性的指向が暴露されてしまったこと、陰性の結果が出た薬物疑惑が広がり続けていることの2点を挙げた》

 成宮寛貴氏は、今月2日の写真週刊誌『FRIDAY』でコカイン吸引疑惑を報道された。成宮氏は薬物使用は否定しつつ、9日にFAXをマスコミに送り、引退を表明した。

 それを経てのスポニチの見出しには目を疑った。

【次ページ】 さすがにこのタイトルは古いのではないか、と。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ