炎の一筆入魂BACK NUMBER

秋季キャンプも広島伝統の猛練習。
有望株3人の“超早出”は朝8時開始。

posted2016/11/18 07:00

 
秋季キャンプも広島伝統の猛練習。有望株3人の“超早出”は朝8時開始。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

今季の安部はサードを主戦場に自己最多の115試合に出場した。堂林、野間らとともに日南の地でさらなる打撃力アップを目指している。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 日南の朝は早い。

 朝8時、広島のキャンプ地、宮崎県日南市にある天福球場のライトポール下に6人が集まっていた。その6人とは、石井琢朗打撃コーチ、東出輝裕打撃コーチ、迎祐一郎打撃コーチ補佐と、強化指定選手に指名された堂林翔太、野間峻祥、安部友裕の3選手。選手だけでなく、3人のコーチも一緒になってランニングするところから1日が始まる。

 通常9時から始まる早出練習よりも、1時間早い。「スーパー早出」と呼ばれている。

 昨年の秋季キャンプは11月1日から始まったが、今年は日本シリーズ出場もあって11月8日スタートとなった。また、期間は1週間ほど短いため、東出コーチは「1日24時間じゃ足りない」と嘆くこともあった。「競争と調整」が主となる春季キャンプとは違い、秋は「個々の鍛錬」に重きを置くことになる。だからこそ、いかに短い期間で収穫を上げるか。その答えの1つが「スーパー早出」だったのだ。

「スーパー早出」の練習は基本の繰り返しである。

 指名された3人に共通していることは、類稀な才能を持ち、高い潜在能力を秘めていることにある。加えて、猛練習に耐えうる体の強さを持っている。それこそ広島の伝統を受け継ぐ者に求められる能力である。過去を遡っても、高橋慶彦や金本知憲、新井貴浩、栗原健太といった選手たちは猛練習に耐え、力をつけた。現在の主力となった丸佳浩、鈴木誠也もそうだった。

「スーパー早出」の練習は基本の繰り返しである。メディスンボールを使って肩、腰のラインを軸と垂直に回すなど、いろいろな動きをさせて意識づけさせた。普通にバットを振るのではなく、先にタオルを取り付けたバットや長い竹を振らせる。その場で振るだけでなく、チューブのようなもので引っ張りながら振らせることもあった。

 1時間弱の練習を終えると、本当の“早出練習”が待っている。初日から下半身はすでにパンパン。2日目には両手はマメでボロボロになっていた。

【次ページ】 野間がストレッチで躊躇すると、石井コーチの雷が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
広島東洋カープ
石井琢朗
東出輝裕
迎祐一郎
堂林翔太
野間峻祥
安部友裕

ページトップ