プロ野球亭日乗BACK NUMBER

大谷翔平を日本シリーズから「消せ」。
初戦の先発に黒田博樹を推す理由。

posted2016/10/21 11:35

 
大谷翔平を日本シリーズから「消せ」。初戦の先発に黒田博樹を推す理由。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

時速165キロの豪速球はバッターにとって、もはや異次元の世界。ちなみに世界最速記録は、MLB公認記録で169キロ(アロルディス・チャップマン)である。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 大谷翔平は今年の日本ハム快進撃のアイコンである。

 クライマックスシリーズではファイナルステージ初戦に先発して勝利投手になると、第5戦では指名打者から9回にリアル二刀流のクローザー登板して初セーブを記録。しかもそのマウンドでは日本最速の165kmでファンの度肝を抜いた。

「あれだけ僕らが一生懸命練習しているのにね。何だかバカバカしくなってきました」

 漫画を超えた超現実の活躍にシリーズMVPの中田翔すら、こう語って苦笑いを浮かべるしかなかった。それほど別次元の存在としてチーム内だけでなくファンに信頼され、そして対戦する相手チームを圧倒しているのである。

 いよいよ開幕する日本シリーズ。

 スポーツ紙では、多くの評論家が日本ハム有利を予想している。その最大の根拠もまた、日本ハムには大谷がいるということなのである。

 逆に言えば対戦する広島にとってのシリーズ最大のテーマは、二刀流・大谷翔平に対してどう対処するか。

 投手・大谷をどう攻略し、打者・大谷をどう封じるかに集約される。ここをしっかり抑え切れば、シリーズの戦いを優位に運べる可能性が高いということになるのである。

「シリーズは3つ負けられる。いかに3つ負けるか」

 そこで1つの方法として考えられるのが、大谷とは戦わないという発想だ。

「シリーズは3つ負けられる。いかに3つ負けるかの戦いだ」

“短期決戦の鬼”と言われた元西武監督の森祇晶の言葉である。

 このシリーズなら広島・緒方孝市監督が大谷の先発する2試合は、ある程度、負けを計算した上で、さらにもう1つ負けられると考えるということだ。そうしてトータルで4つ勝つ、その計算をどう巡らせるかということである。

【次ページ】 日本シリーズのローテーションを予測してみる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大谷翔平
黒田博樹
野村祐輔
広島東洋カープ
北海道日本ハムファイターズ
緒方孝市
栗山英樹
有原航平
増井浩俊
中田翔
福井優也
岡田明丈
クリス・ジョンソン
日本シリーズ

ページトップ