詳説日本野球研究BACK NUMBER

巨人、阪神だって決して悪くない!
全球団が60点以上の豊作ドラフト。

posted2016/10/21 20:00

 
巨人、阪神だって決して悪くない!全球団が60点以上の豊作ドラフト。<Number Web> photograph by Kyodo News

一時は12球団指名も、と騒がれた田中正義はソフトバンクへ。昨年の高橋純平に続き工藤監督がくじ運の強さを発揮した。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 投手に好素材が揃った2016年ドラフト。最もうまい指名をしたのはどの球団なのか。70点以上の球団、それ以下の球団と分けて採点を進めていきたいと思う。

< ソフトバンク 90点 >

1位入札→〇田中正義(創価大・投手)
2位 古谷優人(江陵・投手)、3位 九鬼隆平(秀岳館・捕手)、4位 三森大貴(青森山田・内野手)

 最高得点を与えたのはソフトバンクだ。最大の目玉・田中正義に5球団が1位で重複、抽選の結果ソフトバンクが交渉権を獲得した。春先の肩の違和感が完全には解消されていないが、持っている素質が破格。武田翔太(来季24歳)、千賀滉大(24歳早生まれ)、東浜巨(27歳)、岩嵜翔(28歳)の20歳台カルテットの一角に割り込み、和田毅、バンデンハーク、中田賢一、攝津正、大隣憲司らと強固な先発陣を形成しそうだ。

 2位以下では、過去2年間と同様に高校生を指名した。筑後市に12球団随一の充実した広さと設備を有したファーム施設を建設、さらに近年若手を育て上げた自信がこの指名に表れている。

 その中で最も注目するのが、3位の九鬼隆平だ。甲子園でランニングホームランを放ったことがあるが、このときのベース1周タイムは15秒を切る14.99秒。十分俊足と言えるレベルだ。

 高校日本代表の4番を務めた打力、捕手としてはイニング間の二塁送球が最速1.76秒を計測。私が計った中ではプロ・アマ含めて松本直樹(西濃運輸・来年の候補)に次ぐ速さである。数年後には栗原陵矢(21歳)としのぎを削り、城島健司のメジャー移籍以来実現していない正捕手誕生の期待がかかる。

< ロッテ 85点 >

1位入札→×田中正義(創価大・投手)→外れ1位→〇佐々木千隼(桜美林大・投手)
2位 酒居知史(大阪ガス・投手)、3位 島孝明(東海大市原望洋・投手)、4位 土肥星也(大阪ガス・投手)、5位 有吉優樹(九州三菱自動車・投手)、6位 種市篤暉(八戸工大一・投手)、7位 宗接唯人(亜細亜大・捕手)

 1位で入札した田中正義を抽選で外し、第2入札で佐々木千隼を指名した。佐々木が最初の入札で名前が出なかったことにも驚いたが、抽選負けした5球団すべてが佐々木に向かったのにはさらに驚かされた。山室晋也球団社長が5分の1の確率を引き当てなかったら大きな悔いが残っただろう。

 ロッテは故障者こそ多いが、救援陣は西野勇士、益田直也、内竜也、大谷智久、藤岡貴裕、松永昂大、南昌輝、高野圭佑と充実している。対照的に先発は両輪の石川歩、涌井秀章以外の唐川侑己、古谷拓哉、チェン、関谷亮太に安定感がなく数も少ない。つまり佐々木には働き場所がたくさんある。

 先発タイプの2位酒居知史、4位土肥星也にも同じことが言える。キレのあるストレートと多彩な変化球でゲームメークできる酒居にはローテーション入り、角度のあるストレートとキレのいいチェンジアップに威力を秘める土肥には慢性的な左腕不足解消の期待がかかる。

 3位島孝明は最速153キロを誇る超高校級の本格派右腕で、これは若手抜擢に定評のある伊東勤監督へのプレゼント、というのが私の実感で、ゆくゆくは短いイニングをまかせられる抑え候補になりそうだ。

【次ページ】 高校卒の本格派を育てた歴史がある西武は今年も。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田中正義

ページトップ