野ボール横丁BACK NUMBER

甲子園快投の左腕2人を見て考える。
「思ったよりキレがある」球の正体。

posted2016/08/19 17:30

 
甲子園快投の左腕2人を見て考える。「思ったよりキレがある」球の正体。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

球速だけを見れば大会上位というわけでもない木更津総合の早川隆久投手だが、ストレートの「威力」は抜群だった。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 今大会は近年になく投手のレベルが高いと言われるが、彼らのように強烈な印象はないものの、玄人筋をうならせた二人のサウスポーがいた。

 8強入りの立役者となった木更津総合(千葉)の早川隆久と、ベスト16に導いた日南学園(宮崎)の森山弦暉だ。球速は、早川が130キロ後半から140キロ、森山にいたっては速くても120キロ後半だった。

 体型も履正社(大阪)の寺島成輝のように、まるで大学生のようながっしりとした投手が多い中、早川は身長180センチ、体重73キロとスリムだったし、森山は身長160センチ、体重65キロと、今大会の最小エースだった。

 両投手の共通点は、対戦した打者が口々にこう話すところだ。

「思ったよりキレがある」

回転軸の角度がゼロに近いほどバックスピンがかかる。

 2回戦で、木更津総合の早川に、わずか2安打で零封された唐津商(佐賀)の1番・井上樹希也は3三振を喫した。

「低めのボールが、ボールかと思っても浮き上がってきてストライクになる。レベルが違うと思いましたね」

 日南学園の森山と2回戦でぶつかり、4-6で敗れた市立和歌山の3番・薮井幹大はこう振り返った。

「球速以上に伸びがあった。テレビで見ているのとは、ぜんぜん違いましたね」

 キレの正体を語るのは、筑波大学野球部の監督で、運動動作解析の専門家でもある川村卓だ。

「私も早川君は不思議な投手だなと思っていたんですよね。球のキレ、伸びに影響を与えるのは、球の回転数もありますが、それ以上に回転軸の角度が重要なんです。通常、腕には横回転の遠心力がかかるため、投球方向に対して20度から30度、傾いています。しかし、まれに、この角度が小さく、ゼロ度に近い投手がいます。全盛期の藤川(=球児・阪神)投手は5度ぐらいだったそうです。ゼロ度に近ければ近いほど、バックスピンがかかり、伸びているように感じられる。早川君はこのタイプなのではないでしょうか。腕の振りを見ていると、最後、指にかけるときに縦に振っているように見えますね。ただ、それを意識的にやることは技術的にとても難しい」

【次ページ】 球速は速過ぎない方が、ギャップが大きくなる。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
早川隆久
森山弦暉
木更津総合高校
日南学園高校
寺島成輝
全国高校野球選手権大会
甲子園

ページトップ