甲子園の風BACK NUMBER

“力感ない剛腕”作新・今井を打てず。
明徳・馬淵監督「春、勝つよ」と去る。

posted2016/08/20 15:30

 
「まあ見とってください。負けるたびに明徳は強くなるんで」。シッカリとセリフを決めて甲子園を去った馬淵監督。

「まあ見とってください。負けるたびに明徳は強くなるんで」。シッカリとセリフを決めて甲子園を去った馬淵監督。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督は試合前、理想の試合運びをこう語っていた。

「実力は、4対6で向こうが上。こちらが先制するか、先制されても5回まで1点ぐらいでしのいで後半勝負に持っていきたい。前半で3点差以上つけられたら、しんどいね」

 実際は、もっとも危惧していた展開となった。1回表に2点、3回表と4回表に3点ずつ。4回を終えて、2-8と大量リードを奪われた。

「重かったね、あの2点、3点、3点が……。ああなると、動きたくても動けない。後手、後手になる。相手も伸び伸びプレーし始めるしね」

 明徳は守りで負けてはいけないと常々語っていたが、この日は、記録に残らないものも含めて、外野手が目測を誤って単なる外野フライを長打にしてしまうなど小さなミスが重なった。

「うちは4つ残ったチームの中では、唯一、守備力で勝ち残ってきたチーム。これだけミスが出たら勝てん。ただね、作新の打球が強かった。だから、慌てちゃったんだろうね。作新打線は、ローボールを打つのがすごくうまい。低めをついても、打ち返してきた」

今井君は力感がないのに速いから、やっかいなのよ。

 好投手が豊富な今大会、1回戦がすべて終わったときに、馬淵監督は「だれがいちばんエエっていったら、作新の今井(達也)君やろね。うちにあのピッチャーがおったら、優勝宣言してますよ」と絶賛していた。

「タイプ的には高知商の藤川球児(阪神)なんやろうけど、藤川の方が力感があった。今井君は力感がないのに速いから、やっかいなのよ」

 今井は、準々決勝まで3試合連続で完投勝利を挙げ、甲子園で自己最速記録を152キロまで伸ばしていた。しかし、その今井対策には、自信を覗かせていた。

「癖で、球種はだいたいわかる。だから、ある程度、ボール球は見極められると思いますよ」

【次ページ】 1-0だろうが100-0だろうが、負けは負けよ。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ