サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

岡崎慎司が掴んだ「俺は動く選手」。
代表で“好きなように”やる理由。

posted2016/06/07 07:00

 
岡崎慎司が掴んだ「俺は動く選手」。代表で“好きなように”やる理由。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

完全にDFを置き去りにしてフリーになった上で、難しい角度のヘディングを決めた。岡崎慎司は、日本サッカー史のFWの中でも異次元の存在になりつつある。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 香川真司からのパスが右のスペースに立つ柏木陽介へ入った瞬間、岡崎慎司はすでにゴールの形をイメージしていた。パスが出た直後に、素早く相手のDFラインの裏へ飛び出し、絶妙なパスをヘディングで合わせ、ゴールへ運んだ。開始4分、美しいゴールで日本の先制点を決め、7得点というゴールラッシュの口火を切った。

「陽介はだいたい左のボランチなんですけど、あそこ(左)の位置でボールを受けたら、ああいうボールを出してくれる。左利きの選手があそこでパスを出してくれると自分の持ち味が生きる。陽介なら見ていない場所へでもパスを出してくれるという意識があるから。少し早かったかもと思ったけれど、オフサイドにならずに良いタイミングでそらして、ゴールを決められて良かった」

 日本代表49得点目を、岡崎はそう振りかえる。1トップとして先発しながらも、止まることなく動き続けてブルガリアのDF陣を翻弄し、日本の機動力のエンジンとして、その持ち味を発揮してハーフタイムに交代した。

10日のオフを経て、サッカー熱が再び出てきた。

 プレミアリーグ優勝決定から約1カ月が経った。リーグ戦2試合を残して成し遂げた快挙。ホームスタジアムでのセレモニー、チェルシーとの最終節の翌日には優勝パレード。そしてタイへの優勝旅行。数日間の休暇を経て、日本代表へ合流している。

「帰国直後に比べたら、今日の試合では身体も動いたけれど、まだまだトップコンディションではないし、多少動くのがきつかったという感じはあった。最初はハリルホジッチ監督からも『試合に出られる保証はない』と言われていた。だんだんコンディションも良くなり、今日使ってもらえた。45分でもありがたかった。自分がプレミアで大活躍したわけでもないし、優勝したチームの一員ではあったけど自分自身が納得したわけじゃないし、悔しい想いをいっぱいしたシーズンだった。その後10日くらい休んで、またフレッシュにサッカーをしたいってシンプルに思っているから」

 欧州でプレーする選手にとっては、長いシーズンが終わるこのタイミングで「サッカーがしたい」という欲が芽生えていると話す岡崎。確かに「優勝は棚ぼた」と話していたし、「試合を決める絶対的な存在になりたい」という新たな目標について語ってもいた。シーズン5得点では満足感も達成感も乏しいに違いない。

【次ページ】 「バーディーの相棒」から更に一段上へ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
岡崎慎司
ヴァイッド・ハリルホジッチ
レスター・シティ
キリンカップ

ページトップ