プロ野球亭日乗BACK NUMBER

白い歯も、過剰な演出も必要ない!
ギラギラした“夢の球宴”を取り戻せ。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/07/11 10:30

白い歯も、過剰な演出も必要ない!ギラギラした“夢の球宴”を取り戻せ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

160kmを連発している大谷翔平投手も、オールスターに選出されている。最高のストレートと、茶番劇。ファンがどちらを欲しているかは明らかではないだろうか。

 昔からオールスターゲームの現場が嫌いだった。スポーツ紙の記者をやっていた頃は、ほとんどこの間に夏休みをとって、試合はテレビ観戦を決め込んでいた。

 一番の理由は、出ている選手に真剣味がなく、どうにも身を入れてゲームに集中することができないからだった。

 子供の頃にテレビで観たオールスターゲームは、“夢の球宴”だった。

「我々パ・リーグの選手にとってアピールできる場はオールスターだけでしたから。セ・リーグになんか負けてたまるかと必死にプレーしたものですよ」

 こう語るのは東映、日拓、日本ハムのパ・リーグ時代に15度(巨人で3度)の球宴出場を果たした張本勲さんだった。

 それでも当時は、同じパ・リーグのベンチでも選手同士がけん制し合って、手のうちは絶対に見せなかった。それぐらい真剣だったのだ。だからたまに主力選手が、ファンサービスで他チームのヘルメットを被って打席に立つ演出をすると、それだけでスタンドから喝采を浴びたほどだった。

ギラギラした“夢の球宴”はもう望めないのか。

「緊張のあまりオールスターで背中がつったことがある」

 こう語ったのは中日・落合博満GMだ。

 前にこのコラムで書いたが、落合GMはロッテ時代の入団3年目にオールスター戦に初出場。阪急・山田久志、南海・門田博満、日本ハム・江夏豊らパ・リーグベンチのそうそうたる先輩選手たちに囲まれて、緊張のあまり打席に入ると背中がつったという話をしていた。

「人気のセ、実力のパ」という言葉が生まれたのも、こうして真剣勝負にかけていたパ・リーグの選手たちの思いの結果だったわけである。

 ただ、そんなギラギラした“夢の球宴”を望むのは、もはやムリなのかもしれない。

 国際試合のための日本代表の結成や、メール、携帯電話によって、他チームの選手との交流が盛んになり、選手同士が普段からコミュニケーションを取れるようになっている背景もあるのだろう。また交流戦の開催で、今は「普段は観られない対決」がなくなり、対戦そのものの新鮮味がなくなっているという実情もあるのかもしれない。

【次ページ】 今のオールスターの“おちゃらけ”は観るに耐えない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
落合博満

ページトップ