Sports Graphic Number PLUSBACK NUMBER

<日本ハム・リーダーが語る激闘の歴史> 稲葉篤紀 「やっと10年。まだまだこれから」 

text by

赤坂英一

赤坂英一Eiichi Akasaka

PROFILE

photograph byTakanori Ishii

posted2014/02/20 06:15

北海道に移転してからの輝かしいチームの足跡は、
この男のファイターズでの歩みとほぼ重なる。
頼れる兄貴分として10年目のシーズンを迎える稲葉が
厳しい戦いを振り返り、未来へのメッセージを語った。

本日発売の雑誌NumberPLUS「北海道日本ハムファイターズ 
11年目の未来設計図」
より、チームリーダー、稲葉篤紀選手の
インタビューを一部公開します。

 札幌ドームのスタンドで“稲葉ジャンプ”が起こるたび、いまのぼくにとってなくてはならない応援だと感じています。いつもああしてファンのみなさんが自分の力以上のものを引き出してくれる。もしあの応援がなかったら、いいところでそんなに打てていないでしょう。それほど強い後押しになっている。

 あれが始まったのは2006年のオープン戦のころ、Kスタ(クリネックススタジアム宮城)だったかな。最初のころはバラバラにジャンプしていたから、何が始まったんだと思ってました。それが、だんだん一体化してきて、自然と打席にいるぼくもテンションが高まり、ボルテージが上がって、それまでに感じたことのない力が漲るようになった。

“稲葉ジャンプ”が打たせてくれたサヨナラホームラン。

 例えば、リーグ優勝した'09年の5月3日、札幌での西武戦で飛び出したサヨナラホームラン。あれこそ、まさに“稲葉ジャンプ”に打たせてもらった一発です。ぼくは開幕してから調子が悪く、チャンスでまったく打てていなかった。そんな中、5-5の同点で延長12回までいったあの試合、もう引き分けかという雰囲気で、4時間を超えているのにまだジャンプしてくれるファンがいる。みなさんの最後の力を振り絞った応援と、きょうこそ何とかしなきゃいけないというぼくの気持ちが、バチッ! と、最高の形でピッタリ合わさったとき、ホームランが飛び出した。

 あのときはヒーローインタビューで思わず涙が出ました。お立ち台に立つと、ファンのみなさんの笑顔が目に入るでしょう。ああ、いつもこれだけの人たちが不甲斐ないぼくを応援してくれてるんだと、そう思ったらグッと胸に込み上げてくるものがあってね。

 ぼくはもともと、'05年にヤクルトから移籍してきた人間です。まさか、日本ハムで9年もプレーを続けて、こんなに熱い応援をしてもらえるとは、想像もしていませんでした。

 稲葉篤紀はプロ生活10年目を迎えた'04年シーズンオフ、メジャーリーグ移籍を目指してFA宣言。しかし、オファーがなく、ヤクルトに残留するのなら'05年1月19日までに回答するように通達される。そこへ電話をかけてきたのが、当時、日本ハムの球団社長補佐を務めていた三沢今朝治だ。

<次ページへ続く>

【次ページ】 FA宣言後、ヤクルトとの期限前日にかけられた言葉。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ