私とDo 特別編BACK NUMBER

<カメラマン、東京マラソンを走る> 50歳“サブ4”挑戦顛末記 

text by

近藤篤

近藤篤Atsushi Kondo

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2013/03/24 08:01

<カメラマン、東京マラソンを走る> 50歳“サブ4”挑戦顛末記<Number Web> photograph by Mami Yamada
2年前に走り始めたカメラマンが3度目のフルに挑んだ。
掲げた目標は「それくらいできるでしょ」と“サブ4”。
それなのに、幾度も「オレ、何で走ってるんだ?」と
自問自答してしまう50歳の挑戦記、その結末やいかに。

好評発売中の雑誌Number Do『フルマラソン 100人のマイ・ルール~42.195kmを賢く走ろう~』より、特別公開します!

 まずすこしだけ自己紹介しておくと、僕の職業はプロカメラマンです。少し前に50歳になりました。身長は168cm、体重は少ない時で63kg、多い時で66kgくらい。最後に健康診断を受けたのは4年前だけど、頭の中以外に特に悪いところはありません(と思いたい)。

 お酒は飲まない。タバコは5年前にやめました。サッカーが好きで、月に2度はシニアリーグで試合をしています。同年代の男性に比べると身体は動かしているほうです。走るのは、短距離は昔から鈍足、長距離は得意でも不得意でもない程度。50歳になっても、大胸筋が厚い方が女性にはモテると信じて日々生きています。

2年前に言われた「東京マラソン走りませんか、写真撮りながら」。

 話は、2年と少し前までさかのぼります。

 ある日、Number Doの編集者から電話がかかってきて、こう言われました。

「東京マラソン走りませんか、写真撮りながら」

 マラソンにそれほど興味があったわけじゃないけれど、マラソン走りながら写真も撮る、って考えには惹かれました。だって面白そうじゃないですか。それに年齢のこともありました。そのとき僕は47歳、今ならまだそういうおバカな企画も楽しめるんじゃないかって。だって、80歳になってマラソン走りながら写真は撮れないでしょ。電話のこっち側でそんなことを考えて、やるよ、と答えました。

トレーニングに読書……やると決めた以上はとことんやる。

 電話があった次の日から、僕はとりあえず走り始めました。東京マラソンまではちょうど3カ月。やると決めた以上はとことんやる、それが僕の主義です。主義ですが、ほとんどのことはとことんできないまま人生を過ごしてきました。しかし今回はマジでやるしかない。なんせこれは趣味ではなく仕事です。がんばったけどダメだった、というオプションは存在しない。

 次に僕がやったのは、図書館に行くことでした。いわゆるマニュアル本というやつから、選手や指導者のノンフィクションまで、マラソン関係の本をかたっぱしから読みました。これはかなり役に立ったと思います。走り方、練習方法、心構え、本によって主張は微妙に違うんですが、共通するのは、とにかくちゃんと練習すればあなたもマラソンは走れるようになる、と書いてあること。ちゃんとやれば、要するにここが一番の胆なんです。

【次ページ】 マラソンのために、愛する草サッカーも控えた!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
近藤篤
私とラン

ページトップ