SCORE CARDBACK NUMBER

数々のドラマが誕生した、
再出発の名古屋場所。
~大相撲“新時代”は始まるか?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/08/04 06:00

数々のドラマが誕生した、再出発の名古屋場所。~大相撲“新時代”は始まるか?~<Number Web> photograph by KYODO

 八百長問題の一応の決着を見て、実に半年ぶりの通常開催となった大相撲名古屋場所。大関日馬富士が14勝1敗で約2年ぶり2度目の優勝を飾り、横綱白鵬の8連覇達成を阻んだ。15日間のうち、3度も館内に座布団が舞う白熱した土俵とは裏腹に、満員御礼の垂れ幕が下がったのは千秋楽の1日だけ。観客動員数はまったく振るわない寂しい場所となってしまったが、その陰で相撲史上における数々のドラマが生まれた、注目すべき場所でもあった。

 千代の富士の通算勝ち星数1045勝の記録を1047まで延ばし、大相撲人気を牽引していた大関魁皇がとうとう力尽き、土俵を去った。引退記者会見では涙はなく、すがすがしい表情で、「やり残したことはない」と満面の笑みを見せた。その魁皇と「新旧交代」とでもいうように、同じ九州出身の琴奨菊は大関取りに挑んだ。横綱に土をつけたものの、昇進ノルマの12勝には届かず、チャンスを来場所に繰り越した。

8連覇が叶わなかった白鵬の複雑な本音。

 人気力士の高見盛は3勝12敗と大敗し、来場所は十両陥落が濃厚となったが、これまた入れ替わるように、土俵を沸かす稀有な力士が、彗星のごとく出現した。鳴戸部屋所属、新十両として土俵に上がったチェコ出身の隆の山だ。100kgそこそこの細身の体を駆使し、まるでアクロバットのような動きで巨漢を転がす姿に、場内の歓声と拍手を独占状態。10勝の好成績を上げ、十両をたった一場所で通過し、来場所の新入幕を確実にした。「幕内で技がどこまで通用するか」との懸念もあるが、「銭の取れる相撲」を見せてくれるだろう。

 史上初の8連覇が叶わなかった白鵬は、琴奨菊、日馬富士、把瑠都相手に3敗を喫した。昨年2月の朝青龍の引退以来、ひとり横綱として君臨しており、場所前に、「そのプレッシャーは重い。次の大関、横綱を育てるのも横綱としての大事な仕事。ただ、簡単に上がらせてしまうと本人があとあと苦労するので、そこは私が壁にならなければ。両方の気持ちを持つ立場でもあるんです」と、その本音を吐露していた。

 ひとり横綱の「心次第」で新大関、新横綱が誕生するともいえよう。大相撲界がリスタートを切ったこの名古屋場所から、まさに新時代が始まる予感がする。

■関連コラム► <横綱の品格と責任> 白鵬 「孤独も悔しさも稽古でしか埋められない」
► 大相撲がついに通常開催……納得できる?(言わせろ!ナンバー 結果レポート)

関連キーワード
日馬富士
魁皇
白鵬
隆の山

ページトップ