SCORE CARDBACK NUMBER

相撲人気復活の起爆剤と
なり得る力士は現れるか?
~9月場所をめぐる2つの論点~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/09/10 08:00

相撲人気復活の起爆剤となり得る力士は現れるか?~9月場所をめぐる2つの論点~<Number Web> photograph by KYODO

青森の合宿中、日馬富士は鳴戸部屋への出稽古で「稀勢の里と良い稽古が出来た」と語った

 先の名古屋場所が、実に半年振りの通常開催となった大相撲。来たる9月場所は、ファン待望の“殿堂”である両国国技館で開催される。

 話題の中心は先場所14勝で2度目の優勝を果たした大関・日馬富士の綱取りと、同じくモンゴル出身力士の関脇・鶴竜の大関昇進だ。ただ「角界内勢力図大変動」として、注目度の高い場所であるはずが、前売り券の発売状況は振るわず。横綱・大関誕生を期待するムードも、今ひとつ盛り上がりを見せていない。

 また史上3人目となるモンゴル出身横綱を狙う日馬富士だが、その横綱昇進基準に改めて異を唱える向きも多い。昇進には「連続優勝、もしくはそれに準ずる成績」との内規があり、9月場所での日馬富士について、「準優勝でも14勝なら可能性はある」と、横綱審議委員長は明言している。

 しかし、日馬富士の1年間を振り返ると、10勝、8勝、0勝4敗11休、8勝(3月場所は中止)、10勝、そして先場所の14勝。この不安定な成績を危惧する声もあるのだ。

綱取りを狙う日馬富士だが、その成績によっては議論紛糾も。

 朝青龍のように「一気に大関・横綱と駆け上がる勢いと圧倒的な強さ」、白鵬に見る「隙のない安定感」を感じさせず、不安を残す。2場所連続で数字上の成績をクリアさえすれば、横綱の称号を与えていいものなのか。成績によっては、昇進の諮問を要請する審判部、理事会、諮る横綱審議委員会に於いての議論紛糾も予想される。

 初の大関獲りに挑む鶴竜の昇進ノルマは11勝。その存在は地味ながら、相撲巧者の業師で、突き押しの威力も増し、「一番大関に近い存在」と言われている。

 先場所、一足先に大関獲りに挑戦した関脇・琴奨菊も、昇進目安だった12勝にわずか1勝届かず、再挑戦の場所ともなるのだが――。モンゴル出身力士の活躍ばかりが目立ち、日本人大関・横綱の誕生が望まれて久しい。先場所引退したベテラン大関の魁皇は言う。

「自分も武双山(現藤島親方)に先を越されたことで奮起して、7度目の挑戦にしてやっと大関に昇進したんです。誰かひとりが大関昇進すれば、日本人力士の有望株である稀勢の里なども、刺激を受けて、すぐに上がってくるのでは」

 果たして大相撲人気復活の起爆剤となり得る力士は、現れるのだろうか。

■関連コラム ► 数々のドラマが誕生した、再出発の名古屋場所。~大相撲“新時代”は始まるか?~
► <横綱の品格と責任> 白鵬 「孤独も悔しさも稽古でしか埋められない」

関連キーワード
日馬富士
鶴竜
琴奨菊

ページトップ