SCORE CARDBACK NUMBER

ナダルの全仏Vに見る、テニススタイルの趨勢。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2005/07/07 00:00

ナダルの全仏Vに見る、テニススタイルの趨勢。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 テニス技術の流行は、螺旋階段のように、繰り返しながら発展する。その観点からすると、全仏に19歳で優勝したラファエル・ナダルのプレースタイルは、ふた昔前のテニスを発展させた形と言えるだろう。'68年オープン化(プロ解禁)以来、'82年ビランデル(スウェーデン)に次ぐ2人目の初出場初優勝を成し遂げた新星は、もしかしたら、男子テニス界に新たな時代を築き上げるのかもしれない。

 テニスは、ラケットを使うスポーツだけに、できる技術は限られている。すでに、現在のテニスは、ほとんどのテクニックが出尽くした感じだ。ネットプレー、ストローカー、オールラウンド。大きく分ければ3つのスタイルに、それぞれに適した球種やパワーが絡む。細かい違いはあるが、すべて、この3スタイルからの亜流である。現在は、パワーがあるストロークを基盤としたオールラウンドに近いテニスだ。

 しかし、ナダルのプレーは、ミスを極力少なくしたストロークで、攻撃はカウンターショット中心。このスタイルは、'70年代から'80年代にかけて、全仏6度の優勝を誇るボルグが流行らしたものだ。もちろん、ナダルの技術は、ボルグ時代より、数倍も精度やパワーは向上している。

 ボルグが登場した時、そのスタイルは当時のオールラウンドテニスの枠にはまらない独特のプレーだった。ボルグはオールラウンドテニスを破壊し、ストロークプレーを男子テニス界に浸透させた。ナダルの出現は、この時とよく似ている。今年の全仏で、現在の男子テニスのスタイルを、ナダルは見事に破って見せた。特に王者フェデラーとの準決勝は、ナダルの粘りに、オールラウンドのフェデラーが根負けしてミスを連発した典型的な試合だった。

 叔父は、サッカーのスペイン代表で、'02年W杯に出場した名選手ミゲルアンヘル。ナダルも、12歳まではテニスとともに将来を嘱望されたサッカー選手でもあった。叔父の血を受け継いだ高い運動能力で、叔父が代表でなしえなかった世界の頂点を、ナダルは全仏で制した。彼が、男子テニス界に一時代を築くのか? 少なくともテニス技術のスパイラル現象は、ナダル時代の到来を告げている。

ページトップ