#1098

記事を
ブックマークする

【独占インタビュー】宇野昌磨に後悔の涙はない「良かったことも悪かったことも、僕にとって…」1年前、浅田真央さんに相談していたことは?

引退会見の後、独占インタビューに応じた宇野
日本男子として初めて世界選手権連覇を果たし、全日本選手権では4連覇を含む6度の優勝――。日本を、世界を魅了し続けた26歳が下した決断。柔らかく、まっすぐな言葉でその心境を明かす。(原題:[引退インタビュー]宇野昌磨「後悔の涙はなかった」)

 引退会見から1週間がたった初夏の午後。宇野昌磨(26)は、雲の隙間から差し込む日差しに「まぶしいですね、屋外に出ない生活だったので」と笑いながら、ゆっくりと会見の日を振り返った。

「あの会見は、とにかく楽しいものにしたいな、という思いでした。『引退』と聞いてネット配信を見る方に対して、雰囲気を作るというか。いつもよりトーン高めで、テンション上げていきました」

 司会者を交えてのトークショー形式で、しんみりした空気は一切ない。失敗エピソードで笑いをとる場面さえあった。

「ファンの方々の中には、悲しまれる方もおられたかもしれません。でも『僕は悲しくないんだよ』と伝えたかったんです」

ステファンが喜ぶ姿に「ああ、よかったな」。

 会見では『スケート人生で一番思い出に残る、宝物のような瞬間』を聞かれた。

「あの質問をされた瞬間に、バーっとこれまでの事を振り返りました。最初は、もっと新しい記憶が頭に浮かぶのかなと思ったのですが、実際は2022年の世界選手権で初めて優勝したときのステファン(・ランビエルコーチ)の顔が浮かんだんです」

 キス&クライで、宇野の背中や膝、頭を何度も揉みくちゃにし、おでことおでこをぶつけて喜んだ、その瞬間である。

2022 世界選手権初優勝に、ランビエルコーチ(右)も歓喜 Getty Images
2022 世界選手権初優勝に、ランビエルコーチ(右)も歓喜 Getty Images

「僕って、優勝しても心の底から超喜ぶというタイプではない分、隣で喜びを爆発させてるステファンを見て、『ああ、結構すごい事をやれたんだな、良かったな』と感じられたんです。実は翌年に優勝した時は『よくやったね!』くらいでリアクションが全然違って、『2回目ってこうなるんだ、人は慣れてしまうものなんだな』と思ったのもあって、やっぱり1回目だなと(笑)」

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Asami Enomoto

5

2

9

前記事 次記事