#1091
巻頭特集

記事を
ブックマークする

「佑二、お前が悪いわけじゃない」岡田武史が明かす2010年の長谷部誠“キャプテン抜擢”秘話「“変える”ことを強調したかった」

2024/02/17
スイス・ザースフェーでの2010年W杯直前合宿で取材に応じる長谷部。この合宿中に主将に抜擢された
W杯本大会直前、誰もが驚いた主将交代劇だった。だが、指揮官の一か八かの英断は狙い以上の見返りをもたらした。それがまるで運命だったかのように、代表のキャプテンマークはその男の左腕に長く巻かれ続けることになる。

 日本代表史上、最もキャプテンマークを巻いて試合に出場しているのは言うまでもなく長谷部誠である。

 岡田武史、アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、ヴァイッド・ハリルホジッチ、西野朗と5人の代表監督すべての信頼を得てキャプテンを務めた。年数にして実に8年、ピッチ上で陣頭指揮を執り続けてきた。「不世出のキャプテン」という称号に異論を挟む者はいないだろう。

 しかしながら彼は生まれついてのリーダーだったわけではない。藤枝東高や浦和レッズ時代にキャプテン歴はなく、あの2010年の南アフリカワールドカップ直前に突如としてゲームキャプテンを託されたのがすべての始まりだった――。

「何よりもチームに“変える”ことを強調したかった」

 2010年5月、岡田率いる日本代表はバッシングを目いっぱい浴びながら事前合宿地スイス・ザースフェーに向かった。

 ワールドカップイヤーに入ってから精彩を欠くチームにはホームでも試合のたびにブーイングが起きるほどで、韓国代表との壮行試合も0-2で完敗していた。一向に上向いてこない流れを変えるため、大会2週間前の土壇場で岡田が動いた。

主将交代を断行した岡田も長谷部に対する確信があったわけではなかったという JMPA
主将交代を断行した岡田も長谷部に対する確信があったわけではなかったという JMPA

 イングランド代表との強化試合に合わせて絶対的な存在だった中村俊輔を外して守備的な戦いにシフトし、楢崎正剛から川島永嗣に正GKを交代した。それだけにとどまらず、ゲームキャプテンを中澤佑二から長谷部誠に切り替えるという大バクチに打って出た。カメルーン代表とのグループステージ初戦まで時間が限られるなか、“そこまでやるか”の大転換。反転攻勢のために不退転の決意を打ち出した。

全ての写真を見る -2枚-
会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Tsutomu Kishimoto
前記事 次記事