#1062

記事を
ブックマークする

「猪木さんのバカヤロウ!」オカダが叫んだ新時代への思い。

2022/11/04
10月10日の両国大会でJONAHに勝利後、猪木ポーズを決めるオカダ。「今日の戦いはしっかりと猪木さんに届いた」

 悲しみを乗り越え、さあ、新春1・4東京ドーム大会にまっしぐらだ。10月10日、新日本プロレスの東京・両国国技館大会メーンイベントで、王者ジェイ・ホワイトvs.挑戦者タマ・トンガのIWGP世界ヘビー級選手権試合が行われた。結果はホワイトがトンガを31分7秒、片エビ固めに抑え込んで逆転勝ち。2度目の防衛に成功した。

 この試合にいつもの熱気が感じられなかったのは、外国人同士の対決だったからか、はたまた“燃える闘魂”を失ったせいだろうか。

 両国大会の開始前、10月1日に心不全で亡くなった団体創始者アントニオ猪木(享年79)を悼むセレモニーが行われた。別れの10カウントゴングが捧げられる中、人一倍強い思いを示したのが、今年の東京ドーム大会で病床に伏す猪木の来場を熱望していたオカダ・カズチカだ。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by AFLO

0

0

0

次記事