角田光代 関連コラム

著者プロフィール 

角田光代Mitsuyo Kakuta

1967年3月8日、神奈川県生まれ。'90年「幸福な遊戯」で作家デビュー。代表作に『対岸の彼女』『八日目の蝉』など。ランニングの他にも、9年前からスポーツジムに通い続け、さらにはボクシングジムにも通うという、意外な(?)スポーツ好き。お肉とお酒も大好き。近著に『空の拳』など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
二つの小さな魂が起こした、ボクシング界の現実の奇跡とは。~子どもの頃に、何に心を奪われたか~

新刊ドラフト会議

二つの小さな魂が起こした、ボクシング界の現実の奇跡とは。~子どもの頃に、何に心を奪われたか~

実話に基づいて書かれた小説である。北海道のボクシングジムから生まれた、史上初のチャンピオン、畠山昌人。彼をチャンピオンに… 続きを読む

角田光代Mitsuyo Kakuta

ボクシング

有料

2017/10/22

<初マラソン特別寄稿> 角田光代 「それでもとにかく走るのだ」~直木賞作家の東京マラソン体験記~

私とDo 特別編

<初マラソン特別寄稿> 角田光代 「それでもとにかく走るのだ」~直木賞作家の東京マラソン体験記~

最初に断言するが、私は走ることが好きではない。友人が会長を務めるランニングチームに属してはいるが、彼らのラン後飲み会に混… 続きを読む

角田光代Mitsuyo Kakuta

マラソン

2013/02/22

ページトップ