記事に戻る

アントニオ猪木と“金曜8時”をめぐる視聴率戦争…追放がなければ『太陽にほえろ!』は誕生しなかった? 終止符を打ったのは“たけし城”

1971年11月1日、NWAタッグリーグで優勝した坂口征二(左)とタッグマッチとアントニオ猪木。この後、日本プロレスから追放されることになる(中央は当時婚約者の女優・倍賞美津子) / photograph by Moritsuna Kimura/AFLO 日本プロレス・河口湖合宿の様子(1970年)©︎Moritsuna Kimura/AFLO 坂口征二(左)とアントニオ猪木(1973年2月)©︎Sankei Shimbun 弛まぬ努力を続けてプロレス界を牽引してきたアントニオ猪木 ©Makoto Kenmizaki 燃える闘魂アントニオ猪木。79年の人生は、あまりにも濃厚だった ©Naoya Sanuki Number219号の表紙 Number539・540号の表紙 Number342号の表紙 Number1006号の表紙 ©︎Makoto Kenmizaki ©︎BUNGEI SHUNJU ©︎BUNGEI SHUNJU ©︎BUNGEI SHUNJU

日本プロレス・河口湖合宿の様子(1970年)©︎Moritsuna Kimura/AFLO

1971年11月1日、NWAタッグリーグで優勝した坂口征二(左)とタッグマッチとアントニオ猪木。この後、日本プロレスから追放されることになる(中央は当時婚約者の女優・倍賞美津子) / photograph by Moritsuna Kimura/AFLO 日本プロレス・河口湖合宿の様子(1970年)©︎Moritsuna Kimura/AFLO 坂口征二(左)とアントニオ猪木(1973年2月)©︎Sankei Shimbun 弛まぬ努力を続けてプロレス界を牽引してきたアントニオ猪木 ©Makoto Kenmizaki 燃える闘魂アントニオ猪木。79年の人生は、あまりにも濃厚だった ©Naoya Sanuki Number219号の表紙 Number539・540号の表紙 Number342号の表紙 Number1006号の表紙 ©︎Makoto Kenmizaki ©︎BUNGEI SHUNJU ©︎BUNGEI SHUNJU ©︎BUNGEI SHUNJU

ページトップ