記事に戻る

「マヨネーズはかけないで…」糖尿病を克服し千代の富士に8連勝、“おしん横綱”隆の里の「ビデオデッキが壊れる」ほどの徹底研究とは

昭和58年(1983年)7月の名古屋場所千秋楽、千代の富士を寄り倒し横綱昇進を確実にした隆の里。通算16勝12敗と全盛期の“ウルフ”と互角以上に渡り合った / photograph by KYODO 在りし日の鳴戸親方(第59代横綱・隆の里/1998年) ©BUNGEISHUNJU “土俵の鬼”と称された師匠の初代若乃花 ©BUNGEISHUNJU  千代の富士は3歳年長の隆の里よりも2年早く横綱に昇進した ©Sports Graphic Number 横綱昇進直後の1983年9月場所。持ち前の怪力で千代の富士を高々と吊り上げる ©JIJI PRESS 元横綱・隆の里の鳴戸親方(1998年撮影) ©BUNGEISHUNJU 隆の里の師匠で“土俵の鬼”と称された初代若乃花 ©BUNGEISHUNJU 2011年、鳴戸親方の葬儀で合掌する稀勢の里 ©BUNGEISHUNJU 九重親方(北の富士勝昭さん)から土俵入りの指導を受ける千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 1981年、明治神宮での奉納土俵入り。太刀持ちは朝汐 ©BUNGEISHUNJU 1981年の横綱昇進祝賀会 ©BUNGEISHUNJU 1981年の横綱昇進祝賀会 ©BUNGEISHUNJU 出身地の北海道松前郡福島町より「町民栄誉賞」を授与される ©BUNGEISHUNJU 屋外で食事をとる千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 屋外で食事をとる千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 地方巡業で実家に一泊し町民が待つ土俵へ ©BUNGEISHUNJU 地元の子供たちに稽古をつける千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 地元の子供たちに稽古をつける千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 地元で横綱の綱しめを披露 ©BUNGEISHUNJU 九重親方(北の富士勝昭)さんに土俵入りの指導を受ける ©BUNGEISHUNJU 千代の富士の土俵入り ©BUNGEISHUNJU 千代の富士の土俵入り ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 千代の富士の土俵入り(1983年) ©Getty Images 力士のイメージを覆すような筋骨隆々の肉体を誇った ©Getty Images うっすらと腹筋が浮き上がっている ©Getty Images 現役時代の体脂肪率は10%前後だったという ©Getty Images 53連勝を記録した1988年には「Number MVP賞」にも輝いた ©Sports Graphic Number 1988年には「Number MVP賞」を受賞 ©Sports Graphic Number 1988年には「Number MVP賞」を受賞 ©Sports Graphic Number 1988年には「Number MVP賞」を受賞 ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 大関時代の大乃国 ©BUNGEISHUNJU スイーツを食べて笑顔 ©BUNGEISHUNJU 引退後の小錦 ©BUNGEISHUNJU 小錦 ©BUNGEISHUNJU カール・ルイスと小錦 ©BUNGEISHUNJU 第68代横綱・朝青龍。輝かしい成績とともに世間から“破天荒”という世間のイメージだったが、その裏には知られざる苦悩があった。 ©Takashi Shimizu/JMPA ©Takashi Shimizu ©Hikdeki Sugiyama/JMPA ©Hideki Sugiyama/JMP ©Takashi Shimizu ©Takashi Shimizu 朝青龍と浅香光代 ©Miki Fukano 旭天山の断髪式に登場した朝青龍 ©Toshiya Kondo

昭和58年(1983年)7月の名古屋場所千秋楽、千代の富士を寄り倒し横綱昇進を確実にした隆の里。通算16勝12敗と全盛期の“ウルフ”と互角以上に渡り合った(photograph by KYODO)

昭和58年(1983年)7月の名古屋場所千秋楽、千代の富士を寄り倒し横綱昇進を確実にした隆の里。通算16勝12敗と全盛期の“ウルフ”と互角以上に渡り合った / photograph by KYODO 在りし日の鳴戸親方(第59代横綱・隆の里/1998年) ©BUNGEISHUNJU “土俵の鬼”と称された師匠の初代若乃花 ©BUNGEISHUNJU  千代の富士は3歳年長の隆の里よりも2年早く横綱に昇進した ©Sports Graphic Number 横綱昇進直後の1983年9月場所。持ち前の怪力で千代の富士を高々と吊り上げる ©JIJI PRESS 元横綱・隆の里の鳴戸親方(1998年撮影) ©BUNGEISHUNJU 隆の里の師匠で“土俵の鬼”と称された初代若乃花 ©BUNGEISHUNJU 2011年、鳴戸親方の葬儀で合掌する稀勢の里 ©BUNGEISHUNJU 九重親方(北の富士勝昭さん)から土俵入りの指導を受ける千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 1981年、明治神宮での奉納土俵入り。太刀持ちは朝汐 ©BUNGEISHUNJU 1981年の横綱昇進祝賀会 ©BUNGEISHUNJU 1981年の横綱昇進祝賀会 ©BUNGEISHUNJU 出身地の北海道松前郡福島町より「町民栄誉賞」を授与される ©BUNGEISHUNJU 屋外で食事をとる千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 屋外で食事をとる千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 地方巡業で実家に一泊し町民が待つ土俵へ ©BUNGEISHUNJU 地元の子供たちに稽古をつける千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 地元の子供たちに稽古をつける千代の富士 ©BUNGEISHUNJU 地元で横綱の綱しめを披露 ©BUNGEISHUNJU 九重親方(北の富士勝昭)さんに土俵入りの指導を受ける ©BUNGEISHUNJU 千代の富士の土俵入り ©BUNGEISHUNJU 千代の富士の土俵入り ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 千代の富士の土俵入り(1983年) ©Getty Images 力士のイメージを覆すような筋骨隆々の肉体を誇った ©Getty Images うっすらと腹筋が浮き上がっている ©Getty Images 現役時代の体脂肪率は10%前後だったという ©Getty Images 53連勝を記録した1988年には「Number MVP賞」にも輝いた ©Sports Graphic Number 1988年には「Number MVP賞」を受賞 ©Sports Graphic Number 1988年には「Number MVP賞」を受賞 ©Sports Graphic Number 1988年には「Number MVP賞」を受賞 ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 大関時代の大乃国 ©BUNGEISHUNJU スイーツを食べて笑顔 ©BUNGEISHUNJU 引退後の小錦 ©BUNGEISHUNJU 小錦 ©BUNGEISHUNJU カール・ルイスと小錦 ©BUNGEISHUNJU 第68代横綱・朝青龍。輝かしい成績とともに世間から“破天荒”という世間のイメージだったが、その裏には知られざる苦悩があった。 ©Takashi Shimizu/JMPA ©Takashi Shimizu ©Hikdeki Sugiyama/JMPA ©Hideki Sugiyama/JMP ©Takashi Shimizu ©Takashi Shimizu 朝青龍と浅香光代 ©Miki Fukano 旭天山の断髪式に登場した朝青龍 ©Toshiya Kondo

ページトップ