記事に戻る

植木通彦がいま明かす「ボートレース史に残る名勝負」の裏側とは? フライングで終わった“最後のSG”は「胸が張り裂けそうでした」

現在も「ボートレース史上最高の名勝負」として語り継がれる1995年の第10回グランプリ優勝戦。激しく競り合う5号艇の植木通彦と1号艇の中道善博 / photograph by BOAT RACE振興会 1995年の第10回グランプリ優勝戦、植木通彦が最後のターンでわずかに中道善博の前に出た(提供:BOAT RACE振興会) 現役時代の植木通彦 ©Sankei Shimbun 現役引退後はやまと学校(現ボートレーサー養成所)の校長も務めた(提供:BOAT RACE振興会)

現在も「ボートレース史上最高の名勝負」として語り継がれる1995年の第10回グランプリ優勝戦。激しく競り合う5号艇の植木通彦と1号艇の中道善博(photograph by BOAT RACE振興会)

現在も「ボートレース史上最高の名勝負」として語り継がれる1995年の第10回グランプリ優勝戦。激しく競り合う5号艇の植木通彦と1号艇の中道善博 / photograph by BOAT RACE振興会 1995年の第10回グランプリ優勝戦、植木通彦が最後のターンでわずかに中道善博の前に出た(提供:BOAT RACE振興会) 現役時代の植木通彦 ©Sankei Shimbun 現役引退後はやまと学校(現ボートレーサー養成所)の校長も務めた(提供:BOAT RACE振興会)

ページトップ