記事に戻る

《日本メディアの“誤表記”問題》フィギュアの五輪金メダル最有力・ワリエワのジャンプを「タノジャンプ」と書いてはいけない理由

ロシア選手権では283.48のスコアを記録し、北京五輪でも金メダルの有力候補に挙げられる、15歳のカミラ・ワリエワ / photograph by Getty Images ワリエワは4回転の難しいジャンプを含め、すべてのジャンプを両手を頭上で揃えて跳ぶ 1988年のカルガリー五輪で金メダルを獲得したボイタノ。彼の得意技が、片手を頭上でのばすジャンプだった 平昌五輪で銀メダルを獲得したメドベデワをはじめ、現在まで多くの選手がタノジャンプを取り入れている アダム・リッポンが最初に取り入れた、両手を頭上で挙げるジャンプ 羽生結弦もリッポンジャンプを要所で取り入れており、美しいアクセントになっている リッポンジャンプを跳ぶワリエワ(当時13歳) 現在のボイタノ氏とリッポン氏 ©Akiko Tamura 《日本メディアの“誤表記”問題》フィギュアの五輪金メダル最有力・ワリエワのジャンプを「タノジャンプ」と書いてはいけない理由(9) 《日本メディアの“誤表記”問題》フィギュアの五輪金メダル最有力・ワリエワのジャンプを「タノジャンプ」と書いてはいけない理由(10)

平昌五輪で銀メダルを獲得したメドベデワをはじめ、現在まで多くの選手がタノジャンプを取り入れている

ロシア選手権では283.48のスコアを記録し、北京五輪でも金メダルの有力候補に挙げられる、15歳のカミラ・ワリエワ / photograph by Getty Images ワリエワは4回転の難しいジャンプを含め、すべてのジャンプを両手を頭上で揃えて跳ぶ 1988年のカルガリー五輪で金メダルを獲得したボイタノ。彼の得意技が、片手を頭上でのばすジャンプだった 平昌五輪で銀メダルを獲得したメドベデワをはじめ、現在まで多くの選手がタノジャンプを取り入れている アダム・リッポンが最初に取り入れた、両手を頭上で挙げるジャンプ 羽生結弦もリッポンジャンプを要所で取り入れており、美しいアクセントになっている リッポンジャンプを跳ぶワリエワ(当時13歳) 現在のボイタノ氏とリッポン氏 ©Akiko Tamura 《日本メディアの“誤表記”問題》フィギュアの五輪金メダル最有力・ワリエワのジャンプを「タノジャンプ」と書いてはいけない理由(9) 《日本メディアの“誤表記”問題》フィギュアの五輪金メダル最有力・ワリエワのジャンプを「タノジャンプ」と書いてはいけない理由(10)

ページトップ