記事に戻る

なぜサッカー界には“新庄剛志のような監督”がいない? 野球との違いと指導者育成の問題点「カズさんやゴンさんが監督になっても…」

11月30日のファンフェスティバルにて、新庄剛志は純白のランボルギーニ・カウンタックで札幌ドームに登場。サッカー界ではなかなか想像できない光景だ / photograph by JIJI PRESS 2006年、チームを日本一に導いて現役を引退した新庄剛志 ©Tamon Matsuzono 97年11月16日、ジョホールバルでの三浦知良と中山雅史。日本代表はW杯初出場を決めたが、三浦は本大会メンバーから落選した ©Kazuaki Nishiyama ハーレーダビッドソンで札幌ドームを爆走。ド派手なパフォーマンスでファンを楽しませるのが「新庄劇場」の真骨頂だ ©Koji Asakura 日本代表としてプレーする中村憲剛(左)と遠藤保仁 ©Toshiya Kondo 日本代表監督時代のイビチャ・オシム氏。哲学的な「名言」の数々はサッカー界を超えて注目を集めた ©Toshiya Kondo 2004年、「新庄フィーバー」に沸くキャンプ地の沖縄 ©BUNGEISHUNJU 稲葉篤紀(現日本ハムGM)、森本稀哲との外野トリオは「鉄壁」と称された ©BUNGEISHUNJU ヴェルディ川崎時代のカズこと三浦知良 ©BUNGEISHUNJU 優勝シャーレをかかげるカズ ©BUNGEISHUNJU 中山雅史はガッツあふれるプレーが身上だった ©BUNGEISHUNJU ゴールを決めて雄叫びあげる中山 ©BUNGEISHUNJU 「ドーハの悲劇」でうなだれるラモス瑠偉と、言葉をかけるハンス・オフト監督 ©BUNGEISHUNJU 中田英寿と抱き合うカズ ©BUNGEISHUNJU 中田は指導者の道には進まなかった ©BUNGEISHUNJU 現役最後の試合となったブラジル戦後、アドリアーノに声をかけられる中田 ©BUNGEISHUNJU 現役時代のドラガン・ストイコビッチ。選手としても監督としてもカリスマ的な人気を誇った ©BUNGEISHUNJU 監督になっても“ピクシー”の華麗なテクニックは健在。2009年に決めた「革靴ゴール」は今も語り草だ ©BUNGEISHUNJU 2021年、ストイコビッチはセルビアの代表監督に就任し、母国をW杯出場に導いた ©BUNGEISHUNJU 日本代表の練習を見つめるイビチャ・オシム ©BUNGEISHUNJU

2006年、チームを日本一に導いて現役を引退した新庄剛志 ©Tamon Matsuzono

11月30日のファンフェスティバルにて、新庄剛志は純白のランボルギーニ・カウンタックで札幌ドームに登場。サッカー界ではなかなか想像できない光景だ / photograph by JIJI PRESS 2006年、チームを日本一に導いて現役を引退した新庄剛志 ©Tamon Matsuzono 97年11月16日、ジョホールバルでの三浦知良と中山雅史。日本代表はW杯初出場を決めたが、三浦は本大会メンバーから落選した ©Kazuaki Nishiyama ハーレーダビッドソンで札幌ドームを爆走。ド派手なパフォーマンスでファンを楽しませるのが「新庄劇場」の真骨頂だ ©Koji Asakura 日本代表としてプレーする中村憲剛(左)と遠藤保仁 ©Toshiya Kondo 日本代表監督時代のイビチャ・オシム氏。哲学的な「名言」の数々はサッカー界を超えて注目を集めた ©Toshiya Kondo 2004年、「新庄フィーバー」に沸くキャンプ地の沖縄 ©BUNGEISHUNJU 稲葉篤紀(現日本ハムGM)、森本稀哲との外野トリオは「鉄壁」と称された ©BUNGEISHUNJU ヴェルディ川崎時代のカズこと三浦知良 ©BUNGEISHUNJU 優勝シャーレをかかげるカズ ©BUNGEISHUNJU 中山雅史はガッツあふれるプレーが身上だった ©BUNGEISHUNJU ゴールを決めて雄叫びあげる中山 ©BUNGEISHUNJU 「ドーハの悲劇」でうなだれるラモス瑠偉と、言葉をかけるハンス・オフト監督 ©BUNGEISHUNJU 中田英寿と抱き合うカズ ©BUNGEISHUNJU 中田は指導者の道には進まなかった ©BUNGEISHUNJU 現役最後の試合となったブラジル戦後、アドリアーノに声をかけられる中田 ©BUNGEISHUNJU 現役時代のドラガン・ストイコビッチ。選手としても監督としてもカリスマ的な人気を誇った ©BUNGEISHUNJU 監督になっても“ピクシー”の華麗なテクニックは健在。2009年に決めた「革靴ゴール」は今も語り草だ ©BUNGEISHUNJU 2021年、ストイコビッチはセルビアの代表監督に就任し、母国をW杯出場に導いた ©BUNGEISHUNJU 日本代表の練習を見つめるイビチャ・オシム ©BUNGEISHUNJU

ページトップ