記事に戻る

タクシー運転手の手首を日本刀で斬り落とし、爆破テロで大臣襲撃…「最高最大の豪傑ボクサー」野口進とは何者か

現役時代の野口進のブロマイド。「最高最大の豪傑ボクサー」と呼ばれた / photograph by KYODO 『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝』(新潮社) 1929年の明治神宮競技大会。神宮相撲場で拳闘(ボクシング)の試合を観戦する人たち(資料写真) ©KYODO 1929年の明治神宮競技大会。神宮相撲場での拳闘(ボクシング)の試合(資料写真) ©KYODO 野口進(右)と愛弟子の三迫仁志(のち三迫ボクシングジム創始者) 若槻礼次郎暗殺未遂事件を報じる当日の読売新聞夕刊 戦後、目黒に野口拳闘クラブを主宰していた頃の野口進 『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝』(新潮社) 書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

野口進(右)と愛弟子の三迫仁志(のち三迫ボクシングジム創始者)

現役時代の野口進のブロマイド。「最高最大の豪傑ボクサー」と呼ばれた / photograph by KYODO 『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝』(新潮社) 1929年の明治神宮競技大会。神宮相撲場で拳闘(ボクシング)の試合を観戦する人たち(資料写真) ©KYODO 1929年の明治神宮競技大会。神宮相撲場での拳闘(ボクシング)の試合(資料写真) ©KYODO 野口進(右)と愛弟子の三迫仁志(のち三迫ボクシングジム創始者) 若槻礼次郎暗殺未遂事件を報じる当日の読売新聞夕刊 戦後、目黒に野口拳闘クラブを主宰していた頃の野口進 『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝』(新潮社) 書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

ページトップ