記事に戻る

『レッドブル・エアレース』が復活!ニッポンのエース・室屋義秀の挑戦。

再開されたレッドブル・エアレース。アブダビ大会でタイムアタックを行なう室屋義秀の雄姿。 / photograph by Sebastian Marko, Jorg Mitter, Predrag Vuckovic/ Red Bull Content Pool 競技のレベルと安全性を上げるべく、以前の15名から12名にまで絞り込まれたパイロットたち。室屋は日本人唯一のパイロットとして参戦。  室屋のチームでエンジニアを務める西村隆。彼もまた日本における期待の大きさを実感しているという。(C)Masayuki Tanabe   優勝したポール・ボノムは、垂直ターンがコース攻略の鍵を握ると断言していた。(C)Masayuki Tanabe   今大会のコース全容。各パイロットは、1度のフライトで2度のタイムアタックを行なう。  急上昇しながら旋回する室屋の機体。身体にかかるGは想像を絶するものがある。(C)Masayuki Tanabe   ファンが殺到した表彰台前。そこには、優勝したボノムの会心の笑顔があった。(C)Masayuki Tanabe  

急上昇しながら旋回する室屋の機体。身体にかかるGは想像を絶するものがある。(C)Masayuki Tanabe  

再開されたレッドブル・エアレース。アブダビ大会でタイムアタックを行なう室屋義秀の雄姿。 / photograph by Sebastian Marko, Jorg Mitter, Predrag Vuckovic/ Red Bull Content Pool 競技のレベルと安全性を上げるべく、以前の15名から12名にまで絞り込まれたパイロットたち。室屋は日本人唯一のパイロットとして参戦。  室屋のチームでエンジニアを務める西村隆。彼もまた日本における期待の大きさを実感しているという。(C)Masayuki Tanabe   優勝したポール・ボノムは、垂直ターンがコース攻略の鍵を握ると断言していた。(C)Masayuki Tanabe   今大会のコース全容。各パイロットは、1度のフライトで2度のタイムアタックを行なう。  急上昇しながら旋回する室屋の機体。身体にかかるGは想像を絶するものがある。(C)Masayuki Tanabe   ファンが殺到した表彰台前。そこには、優勝したボノムの会心の笑顔があった。(C)Masayuki Tanabe  

ページトップ