記事に戻る

<私とカラダづくり> 内田樹 「カラダというアナログを大切に」

<私とカラダづくり> 内田樹 「カラダというアナログを大切に」(1) / photograph by Mami Yamada <私とカラダづくり> 内田樹 「カラダというアナログを大切に」(2) 道場の上階にある書斎兼麻雀部屋。その三方を囲む本棚を眺めているとウチダ先生の頭の中を覗いている気分に                                                  琉球表の畳、杉の壁板と漆喰、檜の床材、檜と杉の天井に囲まれた道場での稽古風景               体験入門の子どもたちを指導する内田師範
                                                        表札は内田先生直筆。「凱風館」の名前は、「凱風南より彼の棘心を吹く」(初夏のそよ風は南から吹いて、硬いいばらの若芽を育む)という「詩経」の一節から               書棚には、内田先生の理想像が描かれているという寺田ヒロオの漫画『もうれつ先生』が              合気道の開祖、植芝盛平(1883-1969)の肖像の前で
                                                       

琉球表の畳、杉の壁板と漆喰、檜の床材、檜と杉の天井に囲まれた道場での稽古風景              

<私とカラダづくり> 内田樹 「カラダというアナログを大切に」(1) / photograph by Mami Yamada <私とカラダづくり> 内田樹 「カラダというアナログを大切に」(2) 道場の上階にある書斎兼麻雀部屋。その三方を囲む本棚を眺めているとウチダ先生の頭の中を覗いている気分に                                                  琉球表の畳、杉の壁板と漆喰、檜の床材、檜と杉の天井に囲まれた道場での稽古風景               体験入門の子どもたちを指導する内田師範
                                                        表札は内田先生直筆。「凱風館」の名前は、「凱風南より彼の棘心を吹く」(初夏のそよ風は南から吹いて、硬いいばらの若芽を育む)という「詩経」の一節から               書棚には、内田先生の理想像が描かれているという寺田ヒロオの漫画『もうれつ先生』が              合気道の開祖、植芝盛平(1883-1969)の肖像の前で
                                                       

ページトップ