Number NewsBACK NUMBER

カズ53歳での今季初出場で見せたキレ!「スタメンを目標に毎日戦っている」との言葉通りの闘争心。 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/08/06 11:25

カズ53歳での今季初出場で見せたキレ!「スタメンを目標に毎日戦っている」との言葉通りの闘争心。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ルヴァン杯最年長記録を大幅に更新した三浦知良。その眼差しにはいまだに闘争心がこもっている。

 横浜FCの三浦知良(カズ)は5日に開催されたルヴァンカップCグループ第2節、サガン鳥栖戦に先発出場。2017年に土屋征夫(当時甲府)がマークした「42歳10カ月0日」の同大会最年長出場記録を「53歳5カ月10日」に更新した。試合は横浜FCが1-0で勝利した。

 赤いキャプテンマークを巻き、2トップの一角で先発したカズ。序盤からハーフウェーライン付近の左サイドで突破を図ろうとした相手に対して、スライディングでボールを奪いに行くなど、積極的な姿勢を見せる。そして前半30分には右サイドの齋藤功佑から上がったクロスに対してゴール前でフリーとなると、身体ごと投げだすヘディングシュート。これはGK守田達弥の正面をついたものの、得点への嗅覚とキレを感じさせる動きだった。

 Jリーグ再開前のタイミングで「NumberWeb」の取材に応じてくれたカズは「ベンチに入らなければ、5人枠になっても当然出られないわけですから。なんとかベンチ入りする、スタメン入りするということを目標に毎日戦っている最中です」と語り、公式戦出場への闘争心を燃やしていた。

 そのモチベーションをぶつけるような、はつらつとしたプレーぶり。後半18分のカズの交代時にはアウェーながら駅前不動産スタジアムに大きな拍手が起きた。「NumberWeb」では後日、ブラジル時代の若きカズを知る現地在住の日本人カメラマンなどからの祝福メッセージを寄せたコラムを掲載予定だ。

関連コラム

三浦知良
横浜FC

ページトップ