Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<咆哮の理由>
具智元「スクラム、きれいに割れました」

posted2020/01/02 15:00

 
<咆哮の理由>具智元「スクラム、きれいに割れました」<Number Web> photograph by Yoshiyuki Hata

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Yoshiyuki Hata

試合中、決して感情を表に出すタイプではないが、あのアイルランド戦では相手を完膚なきまでに押し切り、渾身のガッツポーズを見せた。日本国籍を取得した、心優しきジャパン不動の3番が充実の日々を振り返る。(Number993・994号掲載)

 吠えた。泣いた。そして笑った。

 すると、みんな、幸せになった。なんというのか、もう、とろけちゃった。具智元(グ・ジウォン)。秘めたつもりで、なお、隠し切れぬ闘争心。波にさらされる船を海に落ち着かせるイカリのごときスクラム。ドルにも円にもウォンにも換算できぬ最高のスマイル。縁の下の力持ちは、ワールドカップ(W杯)におけるジャパンの快挙とともに列島の人気者になり、老若男女に心の平穏を授けた。

「愛されるグーくん」から「国際的スクラメージャー」へ。このほど日本国籍取得、韓国に生まれ、中学生で海峡を渡ったホンダヒートの25歳は、さらに上昇気流をつかむだろう。三重県鈴鹿市のクラブハウスで「あのとき」と「これから」を聞いた。

――南アフリカとの準々決勝からそれなりの時間が過ぎました。いまの心境は?

「そうですね。高校2年のときから絶対の目標として頑張ってきた大会に出られて、しかも終わったあとにも応援されている感じがして。ラグビーの注目度が上がって、始まる前とは全然違う。いま、夢のような気持ちです。本当に」

――大分県佐伯市の公立中学から日本文理大学附属高校へ進み、2年生で、U17日本代表に選ばれた。そのときからW杯を意識していたわけですね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2905文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

具智元
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ