テニスPRESSBACK NUMBER

モンフィス撃破。西岡良仁の魔術と、
錦織圭不在のデ杯に見た日本の進歩。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/24 20:00

モンフィス撃破。西岡良仁の魔術と、錦織圭不在のデ杯に見た日本の進歩。<Number Web> photograph by Getty Images

今シーズンの西岡良仁は四大大会などで数多くの激闘を見せてくれた。2020年、さらなる飛躍を遂げられるか。

最年長の杉田が見据える次の舞台。

 西岡を筆頭に、選手たちは密度の高い2日間を過ごしたはずだ。最年長の杉田祐一はこう話している。

「どの国に対しても、(本来の)パフォーマンスを出すことができれば必ず勝てるチームではある。こういった経験を積み上げて、次の舞台で発揮できるようにしなくてはいけない」

 次の舞台とは、2020年のデ杯戦と同時に、個人戦のツアーを指している。連日、世界のトップと団体戦の真剣勝負を演じた得がたい経験をツアーに還元する――そこにもデビスカップの存在意義がある。

関連記事

BACK 1 2 3 4
西岡良仁
錦織圭
杉田祐一

テニスの前後の記事

ページトップ