SCORE CARDBACK NUMBER

力道山が愛し、馬場が固まる。
プロレスと金田正一の深い縁。

posted2019/11/12 07:00

 
力道山が愛し、馬場が固まる。プロレスと金田正一の深い縁。<Number Web> photograph by AFLO

1982年元日に撮影された貴重なショット。左からアントニオ猪木、ジャンボ鶴田、金田正一、ジャイアント馬場。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

AFLO

 プロレス界と最も縁の深かった野球人が亡くなった。10月6日、敗血症で亡くなった通算400勝の大投手・金田正一氏(享年86)のことだ。

 プロレスの祖・力道山は大変な野球好きとして知られる。1950年代の日本プロレス創成期、オーナー自ら「レスラーズ」という草野球チームを結成。巡業のオフを利用して応援企業やスポーツ新聞社のチームと試合に興じ、バッターボックスに立つこともあった。

 当然、プロ野球の人気選手との交流も多く、中でもタイトル戦の祝勝パーティーなどに顔を出していたのが、カネやんこと金田投手(当時国鉄)だった。力道山は全盛期の金田を可愛がり、張本勲(当時東映)、森徹(当時中日)らを招き、記念撮影でご満悦というポーズが活字メディアから大受けだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 523文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

金田正一
力道山
ジャイアント馬場

プロレスの前後のコラム

ページトップ