ラグビーPRESSBACK NUMBER

跳躍マピンピ、ハカを見るファレル。
モノクロームで味わう楕円球の世界。 

text by

涌井健策(Number編集部)

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

PROFILE

photograph byDavid Ramos / World Rugby via Getty Images

posted2019/11/08 20:30

跳躍マピンピ、ハカを見るファレル。モノクロームで味わう楕円球の世界。<Number Web> photograph by David Ramos / World Rugby via Getty Images

準決勝、ボールを追いかけて跳躍する南アフリカのWTBマカゾレ・マピンピ(左)とウェールズのSHガレス・デービス。

スタジアムの外で感じた高まる熱。

10月27日 横浜国際総合競技場
準決勝/ウェールズvs.南アフリカ

 キックオフの数時間前にはスタジアムをいつも歩き回っている。会場の雰囲気がどのように高まっているかを感じることができ、ファンの写真を撮影するのにも絶好の機会だ。写真の男性はDHLの制服を着たスタッフ。彼はスタジアムに到着するサポーターのなかで、「I lOVE RUGBY!」というメッセージが書かれた扇子をファンに配っていた。

 敢えてスローシャッターを使い、彼と「I LOVE RUGBY!」というメッセージを強調させてみた。最高峰の試合に向けて、盛り上がりに満ちた雰囲気も写真から伝わってくる。

ガットランド監督のウォームアップ?

10月27日 横浜国際総合競技場
準決勝/ウェールズvs.南アフリカ

 選手がウォーミングアップのためにフィールドに出て来たら、すぐに撮影の準備が必要になる。なぜなら、いつ最高のシャッターチャンスがあるかわからないからだ。この写真はまさに最高の瞬間を捉えたもので、ウェールズのヘッドコーチ、ウォーレン・ガットランドがウォームアップ(?)している写真だ。

 彼はピッチを歩き出し、突然ダンスを始めた。スタンドにいる友人や親戚に手を振り、試合前とは思えない様子。ウォーレン・ガットランドはトーナメントにおける最も重要な試合である準決勝を控えていながら、非常にリラックスしているように見えた。

<完全保存版>ラグビーW杯2019 桜の証言

Sports Graphic Number PLUS December 2019

<完全保存版>
ラグビーW杯2019 桜の証言

 

関連記事

BACK 1 2 3
ファフ・デクラーク
マカゾレ・マピンピ
オーウェン・ファレル
キーラン・リード
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ